*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


初のつくばマラソン完走してきました。
ちょっこっとばっか、又情けない報告なんですけど。。。

km Time Pace
 5km---27'33"  (5'31"/km)
10km---27'45"  (5'33"/km)
15km---28'11"  (5'38"/km)
20km---28'01"   (5'36"/km)
25km---28'23"  (5'41"/km)
30km---30'30"  (6'06"/km)
35km---32'20"  (6'28"/km)
41km---37'09"  (6'12"/km)
1.195km---7'19"  (6'07"/km)
Goal--- 4:07'11"

今回は本当に辛いレースだった。 和倉の故障勃発、痛みと寒さに苦しめられたレースよりも辛かった。。ような気がする。
んでもって今回も 去年の横浜ハーフの時と全く同じ、3km地点で道路の反射鏡にけつまずき、すっ転びました(-_-)
その瞬間 「あぁっ!」だの 「うぉー」だの 「おぉぉお」だの回りのランナーの驚きの声と共に 凄い人数のランナーがワタシの突っ伏している所だけ左右に別れて走っているのが感じられた。
とにかく急いで立ち上がり、かなり汗くりまくってダッシュしちゃったよ。

ちょこっとさんから道路のバンプの事でアドバイスもらっていたのに、どこに目をつけて走ってるんだ?ワタシ。。。しこたまぶつけたのは左膝。手は道路ですったけど手袋のおかげで無事。CWXが派手に又破けた
しかし痛い所は感じないので、ヨカッタヨカッタ、あー恥ずかしかったとレース再開。
 
1km-5km---0:27:33
1----5:26" 予定より少し速い
2--- 5:36"
3--- 5:22" 3km地点ですっ転ぶ。焦ってペースアップ。
4--- 5:25"
5--- 5:43" とにかく喉が渇く
 
6km-10km--- 0:55:18
6--- 5:38" 
7--- 5:22"
8--- 5:33" 
9--- 5:30" 
10---5:41" 給水!給水!給水はまだか?状態。
 
11km-15km---1:23:29
11--- 5:41"
12--- 5:30" 
13--- 5:38"
14--- 5:33"
15--- 5:43" 
 
16km-20km--- 1:51:30
16--- 5:35" 
17--- 5:32"
18--- 5:37"
19--- 5:34"
20--- 5:41" この辺りから足が動かなくなってきた。
 
21km-25km---2:19:53
21--- 5:50" ここで4時間ペースメーカーに追いつかれる。
22--- 5'27" 集団に何とか付いてく。
23--- 5'27" 付いてく。
24--- 5:49" 給水でサブフォー集団からちぎられる。
25--- 5:46" 追いかけられず。
 
26km-30km---2:50:23
26--- 5:47" これでいければ、と思うが。。。
27--- 6:13" 落ちる。
28--- 6:00"
29-30---12:26"
 
31km-35km---3:22:43
31--- 6:26" なんで右ももばっかり筋肉痛?
32--- 5:56" この辺りでマネージャーを見落としたらしい。
33--- 6:08"
34--- 6:36" 首と足裏が攣りそうなる。芍薬甘草湯投入
35--- 7:16" 投入遅かった?足裏攣って歩道でしばしもんどりうつ。
 
36km-40km---3:59:52
36-37---11:56" 攣り納まる。少しペースアップ。
38-39---12:30" 続かず。。。
40-41---12:46"  落ちる。。。
1.195---7'13"  何とかキロ6分に戻してゴール。
Goal---4:07:11

20km辺りから既に頭の中は引き算ばっかり。後何キロ、まだ何キロ。。
途中、サブフォーペースメーカー率いる集団に飲み込まれ、これに付いて行けばと思ったが今回異常に喉の渇きを覚えていたワタシは全ての給水所でコップ2杯は飲んでいた。給水してる最中にサブフォーの風船を見失う。

初めてレース中に芍薬甘草湯を投入した。
残りはとにかく歩きたい気持ちとの葛藤。でもここで歩いたり止まったりしたら癖になるような気がして、とにかく脚をとめる事だけは(給水以外でね)しないようにした。

頭の中は フルって長い。もうフルは走りたく無い。あぁ、でもまだ湘南に東京もあるんだ。失速するであろう予感はあったけど、もうちょっともつかと思っていた。
10月はそれなりに距離も踏んだのに、30kmまで持たないのかよー。と悲しく思う。
ただ長い距離を踏んでるだけじゃダメなのね。。。と痛感。

完走!の感動よりも 終わったよ~~~~の嬉しさが殆どを占めているゴールだったな。
その後、マネージャと落ち合えず着替えが出来ずに震えていたところNEKOさんと合えて、その後無事 kanrekiさん、ちょこっとさん & ちょこフレンドさん、そしてかおるさんと会えた。マネージャも無事32km地点から帰還。
あ、彼はレースは走って無いけどね。。。
そしてちょこっとさんが持参してくれた 献血ワインで乾杯!
NEKOさん差し入れのカキの種に甘さが嬉しいたい焼き君。

downloadfile-14.jpeg downloadfile-9.jpeg downloadfile-6.jpeg
ゴール後に寒い身体を温めてくれたマルコメ味噌のマルコメ君と写真を取ってもらう。
ワタシってば失礼な事に 「これは何のキャラクター?」って本人に聞いちゃったわ。そしたら後の看板指差して、あ~マルコメ君ね、とわかった次第。
あーいうキャラクターは絶対に声を出さないのね~~~。2010 11月 つくばマラソン 031


今回のレースで(それでもまー)良かった事。
イワカンの出てたいつもの右膝が無事だった事。

すっ転んで打った左膝はCWXが助けてくれたけどやっぱり擦り傷で流血してた。
でも道路に膝をぶつけた割りにはお皿の位置からずれていたらしく、派手なたんこぶになって真っ青に膨らんでいるけどイヤな、ヤバイ痛みでは無いこと。

いかんせんここまで破れたCWXを新しく買う口実が出来た事。

湘南までする事がよくわかった事。

ってとこかしら?
つくばは紅葉が綺麗だったけど、半分白目剥いて走ってたのでよくコースはわからんのだわ。
又走るか?と言われたらうぅ~~~ん、微妙かも知れ無い。
スポンサーサイト


第5回 世田谷246ハーフマラソン
co_map_b.gif

ワタシは2回目からの連続エントリーで今回が4回目。
ちなみに今までのタイム
2007---1:56’45 (グロス) 1:55’57 (ネット)
2008---1:45’26 (グロス) 但し距離は誘導ミスの為 20km弱
2009---1:49’21 (グロス) 1:48:49 (ネット)
んで今年。
2010---1:57’58 (グロス) 1:56:50 (ネット)

世田谷ジョグノつながりの皆が総出で、抽選に落ちた人も応援に回ってくれた。 年々にぎやかになってくるね。
今年はちょこっとさんも当選、初246と言うことでジョグノ陣地に一緒に、なんて思っていたのだけど ワタシが陣地発見が遅れてちゃんとご紹介も出来ず、ごめんなさい。。。

ちょこっとさんは流石のレースで、マネージャーが 多摩川で ちょこっとさん発見してからお前が来るまでが長くて長くて風邪ひいた!だそうだ。
へーへ、悪かったわね(-_-)

ワタシはと言うと 今回はつくばのレースペース確認の位置づけの為、突っ込まない!が条件。結果 平均ラップは 5'32と理想のペース。。。
に見えるのだが~~~~~っしかし!

5km---27'06
10km---27'23
15km---27'46
20km---28'29
~ゴール---6'06

ゴールタイム 1:56:50

あうぅぅ と言う内容。。。見事に又 B-downっす。。。
ま~246ハーフのコースは最初5kmまでが下り基調、 15kmまで細かくUp-down, 15kmから上りというワタシのようなB-down お得意のランナーにはそのへなちょこ振りを遺憾なく発揮出来るコースなのだよね。

今年は例年にも増して混雑振りが感じられ、公園出るまでは凄くゆっくりだったな。
5:35-45 辺りを、って思っていたのにやっぱり前半下りはやや早め。ま、そのまま5:30辺りで余裕をもってゴール出来たんならいいんだけど、これがあーた、又、見て頂戴よ。
5'59なんてタイムがあるだわさ。
ラストスパートも全然出来て無いし。
これ、全然手なんて抜いて無いのよ。 (イヤ 脚か?) 結構 一杯一杯だったのだよ。
これで後半分、42kmを走るのはちょっとどうかなぁという不安が一杯の感じだけど、 ま、とにかく 5'35辺りを狙ってどこまで行けるか行って見ましょ。

246ハーフの何がイイッて、走った後にビール飲んで帰ってきてもまだ1時頃ってのがありがたい。 自転車で行けちゃうし。
今回は仲間内の一人が女子の年代別2位に入りました~~~!凄い!おめでとう!
それに要所要所にいる仲間の応援が凄く力になるね。
でもって、コースにきっとどらさんも応援に来てくれてたね。

さて、次はつくば!

▼続きを読む▼

ワタシ、日にちが過ぎちゃうとどうも記事を今更書くのが面倒臭くなっちゃうんだよな~。
でもせっかくだから、レースというより朝霧高原のキャンプのコト何ぞメインに。。。

土曜日、今回はマネージャ友達も一緒に、3人で朝霧高原ジャンボリーというキャンプ場に2泊の予定。 1500ccのワタシの車に詰め込めるだけ荷物を積んで、もの凄い渋滞の中央高速で予定よりも大分遅れてキャンプ場到着。

このキャンプ場はとにかく広い! 区画もあって無いようなもんで好きなところにテントを張っていいのだ。
明日のレース会場まで歩いても直ぐなので、便利!
夜は七輪BBQ。今回はちゃんとキャンプ用のクッカーセットも忘れず持ってきたのでご飯もヤカンじゃ無くって鍋でちゃんと炊いたわよ~。
2010 9月 朝霧キャンプ 005 2010 9月 朝霧キャンプ 010 2010 9月 朝霧キャンプ 011

日曜日 朝霧高原トレイルラン ミドルコース
2010 9月 朝霧キャンプ 034
だだっ広い広場にぞろぞろとランナーが現れる。ショート(10km)ミドル(23km)ロング(35km)と3つのコースがあるんだけど ロング以外は急激な登りも無く緩い感じ。でも暑かったわ~~~。
2010 9月 朝霧キャンプ 037 2010 9月 朝霧キャンプ 042 2010 9月 朝霧キャンプ 044
ラストの枯れ沢登りがとにかく走れなくって、苔がびっしり付いているので滑って2度ほど転んで弁慶の泣き所をしこたまぶつけ、また流血
そこが終わっても今度はロードの登りがあって、基本トレイルの最後はが~~~~っと転がるように下ってゴール、というのが好きなワタシにはこれ辛いわー。
なんとか3人とも無事ゴール。
2010 9月 朝霧キャンプ 052 朝霧 記録
記録証を無くした(棄てた?)幻となるかもと思ったワタシの奇跡的な3時間フラットの公式記録よ~~~~。
やっぱりすごいだわ、これ!

2010 9月 朝霧キャンプ 064

この後はお風呂に入って ご褒美ソフトを食べて、夜は宴会~!
カレー作った!
2010 9月 朝霧キャンプ 071 2010 9月 朝霧キャンプ 073

そして爆睡
2010 9月 朝霧キャンプ 077 2010 9月 朝霧キャンプ 088
翌朝、やっとちょっとだけ富士山が顔見せてくれた。
朝霧というだけあって朝はガスってることが多いのだ。天気良かったレースの時も富士山だけは見えなかったのだ。

2010 9月 朝霧キャンプ 093 2010 9月 朝霧キャンプ 078 2010 9月 朝霧キャンプ 095
チェックアウトが夕方4時まででOKというアバウトなキャンプサイト。遥か遠くに他のキャンパーが辛うじているようなところだからね。。。
ゆっくりと朝ご飯に、テントも広げて乾かしてから撤収。

帰り、談合坂SAで初めて 「佐世保バーガー」 デカイっ! お腹一杯。
2010 9月 朝霧キャンプ 099

で、渋滞も無く帰宅。たのしい2泊3日のレースキャンプでした。
あれ?レースレポじゃなくって 又食べログになってる? やっぱり記事は直ぐに書かなくっちゃダメね~~。

今週末は道志キャンプに又行くのだ!
なんちゃってキャンパーは凝りだした時が旬なのだ。

本日ヘロヘロLSD23km。
ペットボトル4本に公園の水500mlで 2.5リットルの給水。
そして又焼けた・・・。
月間走行距離 79km

速報!
じゃ全然ないんだけど。。。

完走してます。
キャンプしました。
仕事大変なことになっててブログ更新出来ません。

の報告!

暑い中、距離は多分22km位?
途中でコース間違えて戻ったりしたり、ワジ(涸(かれ)谷) ですっ転んだりしたので
ちょっと時間的ロス有り。
そのおかげ?か
な、なんと、なんとのタイムが

3:00:00 という まさに フラットなレアタイムが公式記録として記録証に記載されたのだ
これ、なかなか出来る事じゃない。やれるもんならやってみろ!とちょっとニンマリ

詳しくは又後日UP (の、予定。。。)



又一週間振りの更新。。。。
雨が降ったりでなんだか上手に練習できてないのだけど、 ちょぴっとスピード上げて走らなにゃならんとの思いだけはある。

5/21 金曜日
今年も始まったキントラ (金曜日の夜にトラックで会いましょう~♪) あれ?ちょっと違う?可愛いネーミングとはウラハラに結構シリアスな練習会。。。
世田谷ランナーの速いどころが集まって切磋琢磨、スピ練するのだ~~~~。。
で、ワタシは遅いどころなんだけど。。。

2010 第一回目のキントラは5kmTT。
正直今のワタシに目一杯5kmは辛い。けど駅伝でどうせ5km走るんだから 一応やっておくか。と400mトラックをグルグル。
20分もあればみんな殆ど走り終えちゃうんだから、と皆より速くスタートしたのに あっちゅーまに周回遅れ。
きぼちわるい。。。歩きたい。。。と思いながらも何とか5km。 30分掛からなかっただけでも上出来か? 23日の駅伝は27分切りを目標としましょう。

その後は中華料理の円卓囲み 人が違ったように?エリートランナーの如くすっ飛ばすワタシ。紹興酒で順調に周回を重ねる。

どうなの? この姿勢。。。ちょっと考えよう、 ワタシのキントラ。。。

5/23 日曜日
の谷川真理駅伝
混合チーム 2チーム結成して、いざ、駅伝デビューーーーーん だわよ。
初めて襷っつーもんを身体に掛ける。 フムフム、ここに通してここを結んで、この端を入れておくのね。と練習?

第一走者、別チームのiwamuさんと一緒に並ぶ。 なんだか最前列組は殺気立ってる?やる気マンマンなのね。マンマンだけは負けなくってよ!
11:30 スタート!
最初は団子状態で走れない。しかも水溜りが凄くて、最初皆その水溜りを避けようとしたり、躊躇して止まったりするもんで いきなり前がつっかえたりして危ない。

ワタシはそんなもんどうでもヨロシとばかりにまるで障害物競走のように水溜りにバッシャバッシャと入って走る。だってその方が前が開いてるんだもん。

しかしランナーがばらけて走りやすくなってきた頃には既に息も絶え絶えのワタシ。。。あぁぁ、 なんて辛いのと思いながら走る。
2.5km位のところで仲間の声援を受け、そして折り返してもう一度応援で背中を押してもらい何とかゴール。
襷ワタシゾーンでコースを分岐しなくちゃイケないのにそのまま行っちゃって第2走者のyouさんに 「こっちだこっちだ!」といわれ、ありゃりゃとU-ターン。
で、 「youさん、後は負かせた!」 ( と言うほどの強い走りじゃないけど) 気持ちだけは「風が強くふいている」状態?なのだ。

無事襷をワタシ、時計を止めていない事に気がつき確認。 26分40秒位だった。後から見た記録でどうやら 26分ちょい? 位だったので なんとか己の目標はクリア。

あとは雨の中 心置きなく仲間を応援! みな快走! 自己新出まくり~~~~の いい走りだった。
その後池袋で24時間営業!の居酒屋で サザエやらホタテやらを焼きながら 打ち上げ。
picsay-1274620954.jpg


楽しい1日。

今週末は山中湖。 お天気はイイようだ。 テントやら色んな準備をしなくっちゃだわ。も~いそがしいったらありゃしない。
ワタシ、いつ仕事してるのかしら?

月間走行距離 111.3km

チャレンジ富士五湖 第20回記念大会。
またDNFレポ、行っちゃおうかな~~~~~。

なんて、おちゃらけておりますが結構凹んでおりました。どんな風に報告しようかと考えたのだけど、サラッとそのまんまで。。。行きます。

前日受付ではなんと偶然にもtenkoさん一家とお会いする事が出来て、記念撮影。旦那様と健闘を誓い合う。
早々に受付を済ませたワタシは、ファイテンのブースで今年もテーピングをバッチリしてもらい、商品も購入。金で解決出来るもんなら幾らでも出すだわさ!じゃ無いけど、チタンテープにジェルとかも買っちゃった。
2010 チャレンジ富士五湖 (10) 2010 チャレンジ富士五湖 (4)
会場では名物の富士吉田うどんを頂く。

そのまま山梨の従兄弟の家へ。そこから会場までは車で1時間以上も掛かるので やはり近くにホテルを取るべきだったか? 夜は早々に夕飯を食べて、仕度をして9時半頃就寝。 中々寝付けない。 そりゃいつも1時、2時に寝てるんだもん。。。
それでも夜中1時半に起床、2時45分に出発。北麓公園に4時到着し、まず最初にした事は痛み止めを飲む事(苦笑)
それから第2関門で受け取るドロップバックを預け、カメさんに電話 圏外?繋がらない~~~~(笑
では、と ミツヴさんに電話。直ぐ近くにいて、ご対面~~~。
2010 チャレンジ富士五湖 (11) 2010 チャレンジ富士五湖 (29)

最高の富士山が迎えてくれた。2010 チャレンジ富士五湖 (20)  
2010 チャレンジ富士五湖 (14)  スタート30分前に黄金焼き(こっちでは今川焼きって言うのかな?)を食べてあんこパワー注入。スタート時の気温は0度。 その日の予想最高気温は 14度。風が無いので去年よりも寒さを感じない。

行ってきます、という感じでミツヴさんとゆっくりスタート。
まずは山中湖へ。
痛みは感じつつも、トータルでキロ7分位を目標に進めば何とか持つのではないかという感じ。しかし身体が重い。ふと思い出す。そうだ、ここは標高1000m位あるんだ。だから身体が重いんだ。これが普通なんだと自分に言い聞かせる。
トコトコと進みながら、それでも去年よりなんぼかマシじゃ~~~と思う。
でも20km当りからワタシの頭の中は正直 まだ20kmしか走って無いのにこの身体のだるさはなんじゃらほい。。。って感じ。救いは最高のお天気の富士山。
雪化粧をしなおした富士山はそれはそれは美しかった。2010-04-25 07_27_31


河口湖大橋を渡ってしばらく行くとtenkoエイドがあるのだ。それを目標に進む。 あ~~~あれに見えるはまさにティガーのtenkoさん!
皆の名前の入った上りにそれぞれの通過時間が記載されている。 間に合ってよかったよ~とハッピーターンを頂き、写真を撮って次へ進む。

第一関門は51.6km
11時位には、と思ったのだけど脚が重くて身体が言う事を効かない。到着時間は11時30分位だった。
今年もマネージャーWithワタシ両親が迎えてくれた。
2010 チャレンジ富士五湖 (41) 2010 チャレンジ富士五湖 (43) 2010 チャレンジ富士五湖 (46)

そして第2関門、69.8kmへ向かう。
ひたすらひたすら、去年泣いたあの地下道を目指して。
おかしい・・・去年より走れてるはずなのにこの遅さはなんなんだ。本当に走る筋肉、どっか行っちゃってるんだなぁと痛感。
ありゃ?2時過ぎちゃったよ。ヾ(・∀・;)オイオイ、 頼むよ、進んでくれよ。行かなくちゃ、行かなくちゃ。あ~太鼓が見えた。今年はまだ叩いてる。地下道の階段だってちゃんと降りられる。それなのに関門到着がなんと2時15分。
おかしい・・・こんなはずでは。。。 出来れば1時45分、遅くても2時にはここをスタートしていたかったのに。。。

なんて考えてる余裕は無い。早々にドロップバックを受け取り長袖に着替え、第3関門を目指す。
おかしい・・・と思いつつも去年は500mも走れなかったけど、今年はまだ走ってる形を作れてる? 行くんだ!第3関門!
2010 チャレンジ富士五湖 (50) 2010 チャレンジ富士五湖 (51)
進めば進む。当たり前のことだ。一歩進めば一歩関門に近づく。一歩ゴールへ向かう。

第3関門81.2kmの閉鎖時間は17時。時計を見るのも距離を確認するのもイヤだった。
2010 チャレンジ富士五湖 (63)  湖を回る時は遥か向こうの道路に走っているランナーが見えてうんざりするのも事実。山のカーブなら このカーブを曲がればエイドがあるかも、このカーブの次はきっと関門がある頃、と思いながら進む。第3関門が見えた! やった! 去年は来る事の出来なかった関門へ到着! 16時30分だった。

ゴールまで19km(今年の100kmは100.2kmなんだと)残る時間は2時間半。150分。
マネージャーがワタシに最後の喝を入れる。
「最後の5kmの坂はつるつる温泉の坂と同じだ。だから60分はかかる。95kmの関門まで14km、1時間半で来い!」
明らかに無理なタイムだ。でもワタシも頷く。
そして堂々とエイドでドーピング。痛み止めを飲んで、走り出す。 気持ちはキロ6分。歩き走りのランナーを交わして進む。 実際3km当りまで軽快に飛ばしてたように思える。
でもそうは簡単に薬は効かない。 膝が軋みはじめた。全身が痛い。膝が痛いのか、肩が痛いのかどこが痛いのかわかんない。
90kmのエイド到着。 時間は18時になろうとしていた。
エイドの人が「ここでリタイヤすれば直にバスが来ます。でもこの先進むと95kmまで自力で行くしか無いですよ」
ワタシ、『ラッキー! 95kmまで後5km、制限時間14時間 目一杯使える』と思い 御礼を言って進む。

街中に出た。前後に同じようなランナーが2人。前の人に追いつき、95kmまで行きましょうと進む。後ろから112kmのお兄さんが追いついてきた。3人で後どの位でしょうね? 2km位じゃね?なんて言いながら。

ワタシのガーミンは91km地点で電池がなくなりご臨終してしまったので距離が良くわかんない。
ボランティアの人がいたので 次の関門までどの位?と聞いてしまったのが運の付き? ここでバンにのって次の関門まで行ってくださいと指示されてしまった。

えぇ~次の関門までバス無いって聞いたんですけど。 と抵抗?するワタシ。
いえ、ここで拾いながら行きますので、そうしないと最後のバスに乗れなくなりますから。。。と。
無念。 時間18時35分。 制限時間25分前だった。
丁度そのとき95km地点からマネージャーが逆走してきてくれた。 93km地点でレースを終えた3人で記念撮影。 そしてバンに乗り込む。
2010 チャレンジ富士五湖 (65) 2010 チャレンジ富士五湖 (67)
今年も乗ってしまったドナドナバス。
2010 チャレンジ富士五湖 (69)
最後の95kmの関門は既にテントも畳まれ、閉鎖されていた。 ゴールは遠かった。

いい訳は何も出来ない。明らかに失敗。準備不足。
走リきれる脚を作れなかった。 2年も同じ事をしたんじゃもうバカ。ホントバカ。とちょっとバスの中で落ち込む。
マネージャーが お前レベルじゃフルでサブフォーを狙う練習と ウルトラの練習を一緒にするのは無理じゃないのか?と傷口に塩を塗りこむ。 うぅぅ。。。何も言葉が返せない。
「ま、それでもこれでお終いには出来んだろ。後1回、富士五湖のリベンジチャンスを与えてやるよ」と。

DNFの富士五湖、2回目。 それでもこの魅力はたまりません。
一緒にコースを走ったランナー、応援エイドしてくれたtenkoさん、メッセージを送ってくれた人、そしてマネージャとワタシ両親。全てに感謝。本当に色んな人に支えられて。
ありがとうございました。

ワタシ、強いランナーになりたいです。




第5関門95キロまでは、と思ったのですが。。。。
93キロで回収されてしまいました。
悔しい!!!


メッセージありがとうございました。


大変遠くまで行ってきたような気分です。いや、実際遠いか。。。
大変遅くなりましたけど、万葉マラソンレポでーす。

色んなところで書かかてるとおり、この日はどこも辛いコンディションだったようだ。
このレースも とれっどみるさん が表しているように 「寝るな、寝ると死ぬぞ!レースだった。→ これ、最高!ホント、そうだったよね(笑

宿出発前。 やるぞモードのワタシ 2010 3月 和倉マラソン 03
外に出て余りの寒さに震えるワタシ。2010 3月 和倉マラソン 05  
  ペラシャカ着て走る事に変更。2010 3月 和倉マラソン 07
スタート前のカステラを頬張っている時にtenkoさんの旦那様発見して、片手にカステラ持ったまんま旦那様~~~♪と掛けよる。しばし談笑。 なんだか初めてって気がしない。写真無いのが残念!

2010 3月 和倉マラソン 09   とれっどみるさんとも3年越しで会えた~。
  思った通り背が高くってイイ男♪
  しかし寒いわな、なんて話をしているうちにスタート。


ワタシの申告タイムはちょぴっとサバ読みで 3:59にしていた。なんとBブロックでスタートが直ぐ目の前に見えちゃうじゃん。こりゃロスタイムは30秒も無いだろうな、サブフォー狙うには最高の位置だな~。
周りも余りガツガツした印象がない。 なんとなく激寒なんだけど、全体のムードがホンワカしてるんだよね~。

でもムードとコースはエライ違った。
2010 3月 和倉マラソン 26 2010 3月 和倉マラソン 22 2010 3月 和倉マラソン 25
このコース、公認なんだけど辛すぎる~~~~~! 坂 公式では10個で 1個毎に 1/10 350mとかって看板出しててくれてありがたいやらうらめしいやらなんだけど、走りながら思ったのは 「さっきの坂が公式の坂で、なんでこの坂は 非公式な坂なのよー!これもカウントしろや!」 と思う事数回。
とにかく前半坂ばっか。
最後の坂だったか、9個目の坂だったか忘れたけど 「山越えじゃん」って思ったよ。あと、誰かが言ってたけど 上り坂 960m だかって言う看板があったって。それが最長? とにかくエグイ坂、ありすぎだわさ。

さて、まじめなレース内容としては 以下5km毎のラップ。

Start~5k 00:28:13 (スタートロス21秒)
かなり抜かされまくったスタート直後。でも気にしない。突っ込まない突っ込まないと何度も思う。 早々に1個目の坂始まる。


~10k --- 0:27:53
5kmを28分位を目安にしていたので坂あるもいい感じ。大丈夫、大丈夫。
いくつかの坂も 「青梅と同じようなもん」と思い、 強い風と寒さも「多摩川の強風に比べりゃまだまだ」とポジティブシンキング。 実は余り寒さは感じなかった。手袋にビニール手袋、ヒートテックのキャミソールにCWX上下、ペラシャカ、防水キャップと完全装備で挑んだおかげ?


~15k --- 0:28:27
いい感じのタイムとは裏腹にこの辺で既に ヤバイ と思い始めていた。 膝が痛いのだ。
坂ばかり続くので下っている時に強く出る痛みが、平地と上りで落ち着いた頃又下る。これの繰り返しで痛みが常に続くようになった。こりゃ・・・マジでヤバイぞよ・・・。

~20k --- 0:29:24
18km地点当たりで余りの痛さにエイドで膝に水を3杯ほど掛ける。ボランティアの人がびっくらしてた。寒く無いのぉ~~~?って。 いや、寒いんすよ。でも痛いんすよ。。。
20km手前で止まって屈伸。 もうこの時点で膝は完全に屈伸が出来なくなってた。
完走出来ないかも とはじめて思う。

~25k --- 0:29:07
21km、ハーフ地点でタイム確認 1:59:30 くらいだったか?
タイムとしては狙いどうりだったのかも知れない。予定ではここから上げていく筈だったが、実はもうこの5kmはかなり歩いたり止まったりしていた。エイド毎に膝に水を掛ける。
能登ドンのエイドがあったがとても食べる気力がなかった。 何も食べたくなかったのだ。 (これは後々、すんごく後悔。なんとしてでもこれは食うべきであったのだ!)

~30k --- 0:33:42
歩くと寒さに身体が凍える。しかし走ると痛くて膝が悲鳴を上げる。
30km地点でドラム缶?に突っ伏して鼻水垂らしながら屈伸してたらランナーが止まって「足攣った?」と声をかけてくれた。 おぉ!塩王子の再来?
「膝、イタイ・・・の」と半笑いで答えると「そっか、痛いよな。でもあとちょっとだから、がんばろうな」と言って彼もヨロヨロ走って行った。

そう、30kmまで来れば あとちょっと の距離だろう。しかし歩いて行くには余りに長い距離と寒さと雨風だ。
ドナドナバスは居ないのか?
これはやめるべきレースか?
完走に拘っちゃいけない痛さか?
何度も何度も考える。 考えながら走っちゃ、歩いちゃを繰り返し 救護班に膝にスプレーを掛けてもらった。

~35k --- 0:41:32
最もエグイ坂があったのはこの変か? その坂辺りで 4時間が過ぎて行くのを時計を見ながら 「サブフォーなら今頃ゴールか」と思った。
不思議と悲しくはなかった。 それよりこのレースを続けるべきかやめるべきか、ここでもまだ悩んでいた。
しかし全然ドナドナバスがいない。リタイヤしてるっぽいランナーも見当たらないのだ。

~40k --- 0:41:04
ここまで来れば後はもうゴールだ。とにかくゴールしようと、ゴール出来そうだと思う。するとドナドナバン発見。中に2人位のランナー?
ワタシも もっと早く発見してたら多分手を上げてドナドナ宣言していただろうに。。。

ラスト、温泉街位は走りたいとマヒした膝を無視して走る。多分結果的にはこれがまずかったんだと思う。。。
tenkoさん発見! あぁぁ~~~tenkoさ~~~ん。手を差し伸べてハイタッチ! 嬉しい。凄く嬉しい!今回初めて涙ちょちょ切れた。

Finish 04:37:03--- 0:17:41
ゴールが見えた。待ちくたびれたであろう両親が見える。マネージャーがいた! 片手をあげて応えながら(多分)笑ってゴール。

ネットタイム 4:36:42

初フル湘南が4:32:00だったので見事にワースト更新。
いや、今回タイムなんてどうでもいい。 よくぞ完走出来たと自分で思った。
そして 頭には「本当は完走しちゃいけないレースだったかもしれない。」とも 右膝の痛みがワタシに思わせていた。

その後、とれっとみるさんと電話でお互いのゴールを報告。
カキを焼くつもりだったがワタシ含めお連れ様御一行の疲れと寒さもピークで あの憔悴し切った母の顔見たら「牡蠣焼いて食べよう~♪」 とは流石に主張できなかったね。。。

翌日、輪島のホテルで整骨院の場所を聞き、駆け込んで看てもらった。 靭帯、もしくは膝に水溜まってたらヤバイな、と思い。
診断はいつもの通り?鵞足炎の悪化。炎症起こして膝全体が(唯でさえ大きい膝が)1.2倍位になってる。内側の腱みたいのが痛みで曲げ伸ばしが出来なくなってしまったので右足を引きずって歩く状態。

この痛みの度合いは 一昨年初めての12時間走の直後に出た痛みと同じだ。多分1週間位で痛みは引くだろう。10日~2週間位でジョグ位は出来るだろうと自己診断。
途中棄権していたらこの週末位からジョグが出来たかも知れない。
でもさ、やっぱりゴールしてこそ、なんだよね。おバカかもしれないけど。。。

サブフォー狙って又撃沈。
タイムの悔しさより使われる事のなかった牡蠣交換チケットと能登ドンスルーが きっとワタシをまたこのレースに呼ぶだろう。。。な~んて思っっちゃたわさ。
2010 3月 和倉マラソン 35 2010 3月 和倉マラソン 37 2010 3月 和倉マラソン 32


車で行く遠征お泊りレースはタイムを狙うのは禁止 とお達しが出てしまいました。。。確かにね。今回運転できたから良かったようなもんで、これが足首だったら車置いてこなきゃならなかったかも、だもんね。
ちょっと凹む。輪島行って直ぐ盛り返したけど
でも、今ふと気が付いたんだけど、あーたの20年以上使われる事の無い、単なる身分証明書化しているその運転免許を何とかすればいいんじゃネ?と思ったんだけど・・・。ま、いーけど。。。

しかし、走りがいのあるエグイコースという事だけはしっかり頭に刻まれたわ。
そして凄くいい大会です。この能登万葉の里マラソンは。
コース、エイド、距離表示、トイレ、ボランティア、応援。運営。 全て素晴らしい大会でした。
ありがとう~~~~。和倉の焼き牡蠣よ、また挑戦しに来るだわよ~~~~。

そしてグッタリ御一行様は輪島へ向かった。。。
続く。

ご報告します。

寒さと坂に膝が悲鳴をあげ、辛いレースとなりました。
タイムグロス 4:37
撃沈というよりは よくぞゴール出来たもんだというレースでした。
沢山激励、ありがとうございました!
輪島で二泊してこれからは親孝行タイム~です。

本当にありがとうございました。

とれっどみるさん、
テンコさん&旦那様
お疲れ様でした。


第44回青梅マラソン 結果
ネット 2:45:24
グロス 2:48:54

-- ( ) は↓2009年のラップ
01-05km ---27:17 (27:49)
06-10km ---26:31 (27:29)
11-15km ---27:52 (29:04)
16-20km ---26:42 (28:37)
21-25km ---28:23 (27:16)
26-30km ---28:37 (27:25)

ゴール --- 2:45:24   (2:47:40)

目標2時間45分に対して24秒オーバーなるも 2分16秒タイムを更新!

と、喜びたいところなんだけどさー。。。生意気言わせてもらうと 正直今回のレースはハッキリと 「失敗」と言えるでしょう。
自分的に非常に内容のよくないレースだった。

それは去年の5kmごとのラップとの違いを見れば明らか。
ホントーーーーに 「足が無くなった」という感覚を味わいましたよ。
このレースの目標はタイムもそうだけどフルのペース確認として走り方が大事だった。前半よりも折り返してからスピードアップ、ラストの商店街をスパート掛けてすっ飛ばす!が目標だったのに。
結果すっ飛ばすどころか脚は動かすのがやっと、抜かれまくり、残り3kmの長い事、長い事

15km手前の折り返しまで凄く調子よかった。
登りもさほど落ちずに走れた。下りは飛ばさないように、気を付けた。。。つもりだった。
けど最初の4kmまで混雑の為か距離表示を全て見落としてて、ガーミンでは1kmー2km当りまで5分50秒位だったから予定通りだったのに結果5kmのラップが27分17ってことは3km-5kmまでワタシにしては随分飛ばしてしまったようだ。
で、そのままのペースで気持ち良かったから行っちゃったんだよねー。
下りなんてキロ5分切ってるラップもあった。

そんな走り方したら後半脚に来るに決まってる。 気分的には27kmで足が止まった、って思ったけどラップ見ると既に20km過ぎから止まってるね。
去年よりも全然悪い21km過ぎのタイムだ。

残りの5km当りから幾ら走ろうとしてもどんどん落ちて行くのがわかって 頭ん中じゃ「又だ、又同じ走り方しちゃったよ。ホントワタシって学習能力ないっつーか、バカっつーか、なんで力に見合った走り方出来ないのよ====!バカバカ って思いがグルグル。

去年はゴールした後 「残り12.195kmでフルか。イケるかもよーワタシ。」なんて思ったのに、今回は去年のタイムを上回ったにも拘らず「あと12.195kmなんて絶対無理、 走れない」って思いが かけ巡っちゃったよ。

と、いうことで2週間後のフルは絶対 絶対 前半飛ばさない!事をココロに誓う
一昨日来た公式案内書によると主要な坂は8個じゃなくて10個だそうだ。そんなコース、前半すっ飛ばしたら今日と同じことになるのは必須だかんね。

レース自体はお天気も良く、最高のマラソン日和。
もうワタシの中に青梅の太鼓を聞くと涙腺が緩むってシグナルが出来てるようだ。今年もこの中に「宮澤太鼓さん」がいるんだな~なんて思ったり、今回は太鼓女性軍団ともハイタッチ したり。
20km当りで右足の甲が攣りそうになった時、小さいおばあさんがレモンを差し出してくれた。それをむんずと掴み口に放り込み攣りが納まった。ありがとう~ございます!

ゴール後は今回もちょこっとさんと Kanrekiさん、NEKOさん所属の Vo2maxトライアスロンチームの皆さんに混ぜていただき三鷹で打ち上げ。
久しぶりにボブさんともお会いでき、又しこたま 飲んでしまいました。

2010 青梅マラソン 010 2010 青梅マラソン 006 2010 青梅マラソン 007
2010 青梅マラソン 008 2010 青梅マラソン 009

そうそう、もしかしてマネージャーの もう1つの青梅、リベンジも気にしてる人がいる?
彼は今回無事にドナドナバスに掴る事もなく、ゴールできました♪
25km地点を通過した時は嬉しくて横付けしてたドナドナバスに 「へっ まだエンジンも掛けてないじゃん」と思ったそうな。

帰宅後TV見るとか言ってたのに、速攻討ち死に状態のマネージャーでした。
2010 青梅マラソン 012

沢山反省のあった今回の青梅、でもやっぱり好きだなぁ~。

本日走行距離 30km
月間走行距離 176.2km

さて、今月もあと1週間。フルまで2週間。
後一本ロング、と思っていたけど右膝がかなり熱ぼったく痛い…。疲労抜きに徹した方がいいカナ?

Para

Author:Para
フルに加えてウルトラにも挑戦始めました。
トレイルはヘロヘロ。
スイムはパチャパチャ。
故障はプロ並み?

山も好きです。
リンクフリーです。
コメント残してくれると嬉しいです。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。