FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

青梅へトレイルランの講習会へ行ってきた。
トレイルランは2回目の経験。少しは余裕が、なんて とんでもなかった。
講習会に出るたびに凹んでるけど、今回は凹みどころか…落ち込み…の内容。

人数はかなり大目、主催のスタッフも含めると50人近く居たのではないかな?
グループは個人の希望により3つに分かれる。
15km、13km、9km。
ゆっくりペースで進む、という事なので15kmのグループに入れてもらった。
      青梅トレラン 2        青梅トレラン 3 
コースは北鎌倉のコースよりももっともっと山。登る高さも断然こちらの方が高いようだ。

走り始めて直ぐ登り、登り、登り。付いて行けたのは最初だけ。
走れない様な登りに差し掛かかる前に既に遅れ始める。 皆歩いているのに何故?どんどん遅れていく。
余りに息が上がっている様子を見てスタッフが「後から13kmグループが来るから、辛かったらそっちに」と・・・。
それでも踏ん張っていたけど、15kmグループの背中は遠くなるばかり。

男の人と2人、15kmグループが休憩している地点に追いついたが、グループは直ぐ出発。 遅い我らは休むことが出来ない。ここで13kmグループに移動。
「くそーなんて情けないんだ」

ところが13kmグループについていくのだって必死だったのだ。
走れないような凄い登りがあちこちにある。
みんなだって私と同じに歩いているのに、どうして私は遅れそうになってしまうんだ? それこそ私は必死だ。走りを楽しむ、山を楽しむなんて余裕はカケラもない。
登りながら 下りはいつ?どこまで登るの?ところどころの下りで何とか遅れを取り戻しつつやっと目指す山の頂上。

距離にしてたったの6.5km。時間にして1時間ちょっと(位かな)。
これを又スタート地点まで帰るのか。
それでも往路よりは下りが多いだろう。それだけが救いだ。

道中水2.5㍑飲み干し、頭から水をかぶった位の汗をかき、何とかゴール。
もらった水を直ぐ又飲み干し、置いておいたスポドリも一気に飲み干し、
余った水まで又もらって飲む。4㍑の水分を取ったのにトイレに行きたい兆しもない。

そこから参加賞を受け取りに協賛スポーツ店まで1km程歩く。
そのときの落ち込みの姿がこれ。青梅トレラン 1 写真は今回もお付き?の旦那が撮影。グレゴリーのリアクターだけは今回も活躍。

情けない。全然ダメ。何が足りないんだ?心肺機能?脚力?体重が重い?

全部だ。今の私はあの一緒に走った人たちなんかより全然力が無い。加えて付いて行こうと言う根性も、だ。
そんな反省しきりのトレイルランだった。

しかしちゃんと腹は減る。
  青梅トレラン 4   青梅トレラン 5(私が全部食べた訳じゃないですよ)

「よくあんなに暑い中走って天重食えるな~」との言葉を他所に軽く完食。
食べ終わる頃には落ち込みも収まり、(正確には天重を前にした頃から、か?)
でも、やっぱリ走り終わると感想は「辛かった~けど楽しかった!」 かな?

本日走行距離 13km
月間走行距離 110.3km
ウォーキング 13km

【】
あらら~、へこんで帰って来たのですね。
写真から「はぁ~」って溜息と「トボトボ」と歩く効果音でも聞こえてきそうなナイスなショット。
なんか可愛らしいっすなぁ。
「元気出して!」っていいながらバン!って背中叩きたくなる感じ。
旦那さんもシャッター押しながらそう思ったはずでさぁ。
オイラもそのうち「俺なら出来る!」と何の根拠もない自信を持って参加して轟沈してみたいなぁw
そうして強くなるのさぁ。
で、参加賞はなに?w
【】
お疲れさま!講習会でなくレースのような感じですね。高水山ですか?
>何が足りないんだ・・・と落ち込みながらも反省、でも天重をたいらげる頃には立ち直ってる?paraさん、もうそれだけで根性ある、立派なアスリートじゃないですか~v-218
おかげさまで膝は思いの外回復し、この分だと何とか走れるかも?初心に戻って完走目指します。
【】
お疲れ様です!
ずいぶんレベルの高い講習会だったんですね~。
とぼとぼショット、見てるだけでションボリ具合が伝わってきます・・・が!
天重で回復するのはさすがparaさん!(笑)
私もどんなに疲れててもあんな美味しそうなの見せられたら瞬時に元気になりま~す(^^;)

トレイルラン、走ったらその分の効果はあるはず!
私もparaさん見習って近日中にトレランしてみるつもりです♪
【】
いやいやこの暑い中ご苦労さまです・・
この落ち込みは冬のレースになってきっといい効果に
なると思いますよ~練習は裏切りませんからね~~

ただね、無理してはダメヨ・・後で体を壊すような走りは
自分にとって有利にはならないからね・・
それにしても負けず嫌いな感じが出ていていいな~~(笑)
きっと強くなるよ~楽しみだ~~~
【】
ひでさん
いつも撃沈してますが、今回はかなりへこみました。落ち込むってことはつまり「自分はもっと走れると思っていた」ってことで・・・。
「自分、全然ダメじゃん」と改めて自覚してしまいました。。。事実から目を背けてはイケナ~~イですね。
参加賞はスポーツタオルとエネルギーバーと給水ボトルでした。
あと協賛店の9月一杯の15%オフ券。
しかし青梅までは買い物に・・・行かないでしょうねー。
だってその場ではこの汚い身体に試着も出来ないし・・・。残念。

NEKOさん。
頭、中間、しんがりとスタッフが入ってくれて、復路は私の目の前のスタッフのコース取りを参考にして下れたのでよかったです。
でも彼は手をぶらぶらさせて、とっても力を抜いてポンポンッと下って行くのですよねー。 反省しても全てが反省材料で、はぁ~~~と言ったところです。 NEKOさんの足の回復具合も聞いて一安心です。

ゆりさ~~ん
いえいえ、多分そんなにレベルは高くないと思うのですよ。最後の挨拶の時に主催の方が「今日はちょっと物足りないと思われる方もいるかも―」みたいなこと言ってましたもん。
まずは食べてお腹を満たさないとマイナス思考になってしまいますからね(笑
今回もやっぱりリュックを背負った肩が痛いです~。ゆりさんのトレラン報告も楽しみだわ。

星峰さん
基本「他人に厳しく、自分に甘く」を改めねば、と痛感です。
今までは「凄いな~みんな」が今回は「だめだな、自分」に直結でした。
ヘロヘロで休んでいる時に横の会話が耳に入ってきたのですけど星峰さん位の年齢の方達が「来年はウルトラに挑戦するのよ。50kmまでしか走った事ないの、まだ」のようなことをおっしゃってたんです。 改めて星峰さんの凄さを認識!です。
【】
お疲れ様でした。

自分を甘やかしてばかりの自分からすると、paraさんを初め皆さん輝いて見えます。神々しいです(笑)。きっとそのうちホイホイ上れるようになるはずです、、、


---
天丼も美味しそうですが、下の野菜たちも美味しそうです。
カボチャ・・・来年は食べられるの作ってみようかなとおもいました(笑)。
【】
名無しのexcimerでした。
【】
なんじゃこりゃ~って山道ですな。
paraさん、今回も頑張っちゃいましたね。お疲れさまです!
リアクターいい感じです。
でも写真、やっぱりやせてみえるんですが‥。私だけ?
【】
つぶれたparaさんをみんな暖かく見守って?いるようです。ところで、高水山、御岳山、青梅丘陵のどこに行ったのですか?
【】
excimerさん
ホイホイ、登れるようになりたいですね。
かぼちゃ、食べられる物を作ろうと思ったら凄い地べたが必要になるような気がしますが(笑
そんなに広くなくてもできちゃうものでしょうか?

手向山の星さん
いや~これががんばれてないのですよ。多分そんなに凄い山でも実はなかったりして・・・(^_^;)
私の場合は下半身が写らない限り、真の姿は見えないのですよ。
リアクター、まさに装備だけは一人前の初心者、と言う正しい姿でしたよ(苦笑

kanrekiさん
場所に疎くて山の名前とかちゃんと覚えてないのですが、永山公園からスタートする青梅丘陵で、高水山までなんかぜんぜん届いていません。肩道6~7kmのところで折り返し、だったので。
きっと後でハイキングで行ったら何てことない坂、程度なのでしょうねー。その事実を知るのも又悲しいですが・・・。
【】
そのコースは今年は4月1日にあった高水山トレイルランのコースです。高水山往復の30kmコースと私たちが参加した15kmコースがあります。来年一緒に出ましょう! 
【】
早速、遊びに来ました。トレイラーどらです。
本当きつかったですよね。僕は公園までの坂で息が上がってしまったくらいですから。。。リアクター負けしないよう、お互いJognoteで頑張りましょうv-218
【】
kanrekiさん
そうです!一緒にいた方たちがそんな事行ってました。来年4月、ではリベンジ!いたします。

どらさん
コメントありがとうございます!
 もうコースすら思い出せないくらい下ばかり見て走ってしまいましたよ、私は。 まさに装備は一人前で「リュック負け」してましたからね。今度はもう少し、「走れた」感を持てるようにしたいです。
がんばりましょう!
この記事へコメントする















Para

Author:Para
フルに加えてウルトラにも挑戦始めました。
トレイルはヘロヘロ。
スイムはパチャパチャ。
故障はプロ並み?

山も好きです。
リンクフリーです。
コメント残してくれると嬉しいです。

名前:
メール:
件名:
本文: