FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

第41回 青梅マラソン へ行ってきました。

天気上々、最初少し風があったもののスタートする時には殆ど気にならず。
13500人の一人としてスタート地点に並ぶ。ゼッケン番号で位置が決まるので同行者達は遥か後方。
へなちょことしてはありがたいことに真ん中位の位置だった。
号砲がなったらしい(遠くて聞こえない…)
列がゆっくり動き出す。私もゆっくり進む。スタート地点までおよそ5分。すごい混雑! これじゃ、みんなで一緒にLSDって感じだな、などと思いながら1~2kmも来てしまっただろうか。
自分のペースで走りたくても走れない。少し苛立ちながらも
「先は長いんだ。今日は私にとって未知の距離なんだから」と言い聞かせる。
レコード店からは「帰って~来いよぉ~♪」の演歌と道一杯の応援の人。

歩道よりを走りながら隙間を見つけてはすり抜けたり、抜かされたりと何とか10kmを通過。最初はだらだら登りが続く、と聞いていたわりにはUp-downが交互にくるような印象。
9km当たりのかなりの下りでは調子に乗ってやや飛ばす。
ふと 帰りにはこれを登るんだ。これが21km地点の登りって奴ね。などとまだ余裕。

そうこうしているうちになんとトップランナーが折り返してきたではないか!!
歩道側を走っていた私はひと目エリートランナー達の走る姿を生で見たいとセンターライン側に寄る。
おぉっ!来た来た。す、すごい! まさに疾風のごとく走り去っていく。 
これが本当に「走る」ことなんだな~とただただ見惚れる。
そしてちょっぴり元気とやる気をもらう。

同じ人間とは思えないような速さでトップ、第2集団、第3、と次々すれ違っていく。
そのうち一般ランナーの速い人たちがやってきた。
そうしてわらわらと往路と復路の人の人数が同じ位になってくる。
センターライン側は反射鏡や三角コーンが合ってちょっと走りづらい。
押し出されると復路の人と激突しちゃいそうなので脇へよる。

折り返し地点で時計をチェック、15kmで1時間25分くらいか・・・。
と思い走っていたら15kmの距離看板!!
折り返しって15km地点じゃないのね~
でもまだ自分的には大丈夫。 沿道の人からレモンを頂く。
チョコももらって手袋に入れとく。

21kmの坂。つらい、つらい、つらい、けど平気。自分の中ではまだちゃんと「走ってる」
坂を登ったところでもらっておいたチョコを食べる。とけてる。でもうまい!
さぁこれからが私にとって未知の距離。
(25km~26kmは練習でゆ~~~っくり2回ほど走ったことがあるだけ。)
なんか走れてるよ、私。♪残り8km、3時間で行ける?

ところが25kmを目前にして足がどんどん重くなる。上がらない。下りになってもちっとも進めない。自分はちゃんと走っているんだろうか? 歩いた方が早いんじゃないか?と思いながらもとにかく進む。

25kmを過ぎたあたりだったかな?お腹に響く音が聞こえ出した
太鼓の音。ドンドンと近づく勇ましい音。
沢山の和太鼓の音がどうしたものか私の琴線に触れてしまったんだな。これが、言い様の無い感動、と言うか感情が湧き上がってきちゃって涙が出てきた。
本当に泣きだしそうになっちゃって自分でびっくり。というか、ちょっと実際泣いてた。
何に対してなのか分からないけど走っていてあんな気持ちになったのははじめて。
(後で旦那には 「自分に酔ってたんだろ~『私って凄い☆』とかって思って」と茶化されたけど、それとはちょっと違うんだな~)

沿道の人と太鼓軍団から元気をもらってラストスパート

しかし・・・そこは現実、そうは行かない。私のスパートは100メートルであっけなく終わる。
後はひたすら残りの4kmを 次々と抜かされながらとにかく走る。

「帰って∼来いよぉ~」の曲は「走る~走る~俺達~♪」爆風スランプに変っていた。
「曲がるとゴールだよ~がんばれ~」の声援に目線でお礼を言いながらゴール地点を目指す。

そして無事ゴール。
手もとの時計で3時間2分15秒。 今の私の精一杯の力だと思う。
大会ボランティアの方が「お疲れ様!」と言ってくれるのに
また涙がちょちょ切れそうになる。が、知り合いを探しても誰もいない。いい年して一人泣く訳にはいかん。 こらえる。
ごまかしの為屈伸なんかしてみる。 !!!い、痛い・・・今度は痛みで泣きそうだった。

でも感動の気持ちは残っていたのであちこちのボランティアの方達に「ありがとうございました」を言いまくりながら完走証とおにぎりをもらいに行く。

今まで一番長い距離のレースだったからかもしれないけど
本当に辛くて、楽しくて、感動した私の青梅マラソン。
レースの度にこんな気持ちに慣れればいいな。

帰りは銭湯に行き塩っぽい身体を流し、レースを振り返りながらたらふく飲んで食べて私の初青梅は終わりました。

【】
初青梅完走おめでとう~~~
完走記を読み、ウルウル涙が出て来てしまいましたよ~~~
私のマラソン人生の原点でもある青梅・・・
paraさんの様子が手にとるように分かりますよ~
苦しかったけど満足感のある走りが出来たようですね。
3時間を切るのはもう少しです頑張って下さいね。
私の青梅初は2時間39分42秒で女子の部288位でした。
【】
星峯さん
こんな長い自分語りを読んで頂きありがとうございます~~~~!
あれもこれもと延々と書き連ねたいくらいでした(笑
なんかあんなに濃い3時間を過ごしたのは初めてのような気がします。
また沿道の人も有る意味応援のプロ、ですよね。声掛けのタイミングが絶妙。

ところでやはり、すっごーい星峰さん!女子の部288位だなんて!かっこいいなー本当に素敵です。
【】
今調べたところ最後の青梅マラソン出場は25回大会でした。41-25=16年も前になります。その頃の完走記に「太鼓に涙した」と書いたことを覚えています。もしかすると、日本人の多くが涙するのでしょうか? 昨日は、同じトライアスロンチームから4名が走ったのですが、「太鼓に涙」という報告はまだ出ていません。土曜日に家から青梅マラソン10km地点まで約41kmをのんびりと走りました。
【】
kanrekiさん
歴史ある青梅マラソンに出られたことは私にとってとても価値あることでした。
16年前から、いやもっと前から太鼓は名物だったんでしょうか?
あの音は日本人の魂に響きます。
青梅初心者は私含め3人とも感動したと言ってました。

ところでさらっと41kmをのんびり走ったなんて、これまた凄いですね~。
【】
大会お疲れ様でした&おめでとうございます
こういうの見てると自分も早く大会に参加してみたい
という気持ちが沸いてきます
でも、まだまだ体を作らないと完走出来そうに無いので
これからも練習あるのみです。
【】
零影さん
ありがとうございます。
大会によってレースの雰囲気も色々ですね。
私も10kレースから始めてやっと大会らしい大会に出始めたのはごく最近です。
このお祭り感、くせになりますよ~! 
【】
私、6年前から
毎年青梅マラソンでへそまんじゅう前で
太鼓たたいてます!
たたいている時は寒いし足と手は疲れるししんどいけど
こんなふうに思ってくれる方がいてすごい嬉しいです★☆
高校1年!!!体力あるうちに精一杯応援します(>V<)
来年も頑張ってください♪
【】
あみさん
コメントありがとうございます。
そして、 太鼓の応援ありがとう! ご苦労様でした。
そっかーあそこでたたいてくれていたんだ。
そうだよね、寒かったよね。 だってず~とですものね。
6年前からってことは小学生の頃から!?凄い!もうベテランの域じゃないですか。

多分あそこを走って太鼓の音を聞いた人は「自分の為の太鼓」って思ったと思います。 
来年もきっときっと行きます!! あの魂に響く感動を味わいに!
ありがとう。
この記事へコメントする















Para

Author:Para
フルに加えてウルトラにも挑戦始めました。
トレイルはヘロヘロ。
スイムはパチャパチャ。
故障はプロ並み?

山も好きです。
リンクフリーです。
コメント残してくれると嬉しいです。

名前:
メール:
件名:
本文: