FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

チャレンジ富士五湖 第20回記念大会。
またDNFレポ、行っちゃおうかな~~~~~。

なんて、おちゃらけておりますが結構凹んでおりました。どんな風に報告しようかと考えたのだけど、サラッとそのまんまで。。。行きます。

前日受付ではなんと偶然にもtenkoさん一家とお会いする事が出来て、記念撮影。旦那様と健闘を誓い合う。
早々に受付を済ませたワタシは、ファイテンのブースで今年もテーピングをバッチリしてもらい、商品も購入。金で解決出来るもんなら幾らでも出すだわさ!じゃ無いけど、チタンテープにジェルとかも買っちゃった。
2010 チャレンジ富士五湖 (10) 2010 チャレンジ富士五湖 (4)
会場では名物の富士吉田うどんを頂く。

そのまま山梨の従兄弟の家へ。そこから会場までは車で1時間以上も掛かるので やはり近くにホテルを取るべきだったか? 夜は早々に夕飯を食べて、仕度をして9時半頃就寝。 中々寝付けない。 そりゃいつも1時、2時に寝てるんだもん。。。
それでも夜中1時半に起床、2時45分に出発。北麓公園に4時到着し、まず最初にした事は痛み止めを飲む事(苦笑)
それから第2関門で受け取るドロップバックを預け、カメさんに電話 圏外?繋がらない~~~~(笑
では、と ミツヴさんに電話。直ぐ近くにいて、ご対面~~~。
2010 チャレンジ富士五湖 (11) 2010 チャレンジ富士五湖 (29)

最高の富士山が迎えてくれた。2010 チャレンジ富士五湖 (20)  
2010 チャレンジ富士五湖 (14)  スタート30分前に黄金焼き(こっちでは今川焼きって言うのかな?)を食べてあんこパワー注入。スタート時の気温は0度。 その日の予想最高気温は 14度。風が無いので去年よりも寒さを感じない。

行ってきます、という感じでミツヴさんとゆっくりスタート。
まずは山中湖へ。
痛みは感じつつも、トータルでキロ7分位を目標に進めば何とか持つのではないかという感じ。しかし身体が重い。ふと思い出す。そうだ、ここは標高1000m位あるんだ。だから身体が重いんだ。これが普通なんだと自分に言い聞かせる。
トコトコと進みながら、それでも去年よりなんぼかマシじゃ~~~と思う。
でも20km当りからワタシの頭の中は正直 まだ20kmしか走って無いのにこの身体のだるさはなんじゃらほい。。。って感じ。救いは最高のお天気の富士山。
雪化粧をしなおした富士山はそれはそれは美しかった。2010-04-25 07_27_31


河口湖大橋を渡ってしばらく行くとtenkoエイドがあるのだ。それを目標に進む。 あ~~~あれに見えるはまさにティガーのtenkoさん!
皆の名前の入った上りにそれぞれの通過時間が記載されている。 間に合ってよかったよ~とハッピーターンを頂き、写真を撮って次へ進む。

第一関門は51.6km
11時位には、と思ったのだけど脚が重くて身体が言う事を効かない。到着時間は11時30分位だった。
今年もマネージャーWithワタシ両親が迎えてくれた。
2010 チャレンジ富士五湖 (41) 2010 チャレンジ富士五湖 (43) 2010 チャレンジ富士五湖 (46)

そして第2関門、69.8kmへ向かう。
ひたすらひたすら、去年泣いたあの地下道を目指して。
おかしい・・・去年より走れてるはずなのにこの遅さはなんなんだ。本当に走る筋肉、どっか行っちゃってるんだなぁと痛感。
ありゃ?2時過ぎちゃったよ。ヾ(・∀・;)オイオイ、 頼むよ、進んでくれよ。行かなくちゃ、行かなくちゃ。あ~太鼓が見えた。今年はまだ叩いてる。地下道の階段だってちゃんと降りられる。それなのに関門到着がなんと2時15分。
おかしい・・・こんなはずでは。。。 出来れば1時45分、遅くても2時にはここをスタートしていたかったのに。。。

なんて考えてる余裕は無い。早々にドロップバックを受け取り長袖に着替え、第3関門を目指す。
おかしい・・・と思いつつも去年は500mも走れなかったけど、今年はまだ走ってる形を作れてる? 行くんだ!第3関門!
2010 チャレンジ富士五湖 (50) 2010 チャレンジ富士五湖 (51)
進めば進む。当たり前のことだ。一歩進めば一歩関門に近づく。一歩ゴールへ向かう。

第3関門81.2kmの閉鎖時間は17時。時計を見るのも距離を確認するのもイヤだった。
2010 チャレンジ富士五湖 (63)  湖を回る時は遥か向こうの道路に走っているランナーが見えてうんざりするのも事実。山のカーブなら このカーブを曲がればエイドがあるかも、このカーブの次はきっと関門がある頃、と思いながら進む。第3関門が見えた! やった! 去年は来る事の出来なかった関門へ到着! 16時30分だった。

ゴールまで19km(今年の100kmは100.2kmなんだと)残る時間は2時間半。150分。
マネージャーがワタシに最後の喝を入れる。
「最後の5kmの坂はつるつる温泉の坂と同じだ。だから60分はかかる。95kmの関門まで14km、1時間半で来い!」
明らかに無理なタイムだ。でもワタシも頷く。
そして堂々とエイドでドーピング。痛み止めを飲んで、走り出す。 気持ちはキロ6分。歩き走りのランナーを交わして進む。 実際3km当りまで軽快に飛ばしてたように思える。
でもそうは簡単に薬は効かない。 膝が軋みはじめた。全身が痛い。膝が痛いのか、肩が痛いのかどこが痛いのかわかんない。
90kmのエイド到着。 時間は18時になろうとしていた。
エイドの人が「ここでリタイヤすれば直にバスが来ます。でもこの先進むと95kmまで自力で行くしか無いですよ」
ワタシ、『ラッキー! 95kmまで後5km、制限時間14時間 目一杯使える』と思い 御礼を言って進む。

街中に出た。前後に同じようなランナーが2人。前の人に追いつき、95kmまで行きましょうと進む。後ろから112kmのお兄さんが追いついてきた。3人で後どの位でしょうね? 2km位じゃね?なんて言いながら。

ワタシのガーミンは91km地点で電池がなくなりご臨終してしまったので距離が良くわかんない。
ボランティアの人がいたので 次の関門までどの位?と聞いてしまったのが運の付き? ここでバンにのって次の関門まで行ってくださいと指示されてしまった。

えぇ~次の関門までバス無いって聞いたんですけど。 と抵抗?するワタシ。
いえ、ここで拾いながら行きますので、そうしないと最後のバスに乗れなくなりますから。。。と。
無念。 時間18時35分。 制限時間25分前だった。
丁度そのとき95km地点からマネージャーが逆走してきてくれた。 93km地点でレースを終えた3人で記念撮影。 そしてバンに乗り込む。
2010 チャレンジ富士五湖 (65) 2010 チャレンジ富士五湖 (67)
今年も乗ってしまったドナドナバス。
2010 チャレンジ富士五湖 (69)
最後の95kmの関門は既にテントも畳まれ、閉鎖されていた。 ゴールは遠かった。

いい訳は何も出来ない。明らかに失敗。準備不足。
走リきれる脚を作れなかった。 2年も同じ事をしたんじゃもうバカ。ホントバカ。とちょっとバスの中で落ち込む。
マネージャーが お前レベルじゃフルでサブフォーを狙う練習と ウルトラの練習を一緒にするのは無理じゃないのか?と傷口に塩を塗りこむ。 うぅぅ。。。何も言葉が返せない。
「ま、それでもこれでお終いには出来んだろ。後1回、富士五湖のリベンジチャンスを与えてやるよ」と。

DNFの富士五湖、2回目。 それでもこの魅力はたまりません。
一緒にコースを走ったランナー、応援エイドしてくれたtenkoさん、メッセージを送ってくれた人、そしてマネージャとワタシ両親。全てに感謝。本当に色んな人に支えられて。
ありがとうございました。

ワタシ、強いランナーになりたいです。




【】
改めておつかれさまでした。
なんだかスタートするまでで十分疲れちゃいそう・・フルの倍以上だもんね~。よくがんばったよね~。

マネージャーがあと一回チャンスを・・・と?
来年こそ本当に体調整えてリベンジですね。今から楽しみだわっ。

最後の真面目な1文がParaさんの気持ちをあらわしているんですね・・。
【】
大丈夫よ~甲州街道を6回も参加すれど
一回も日本橋に到着したことがない私・・
2回なんてチョロイチョロイ~~(笑)
是非またチャレンジしてみて~

もしくは関門の無い海宝さんの大会で
一回完走を味わってみてからステップアップ
してみるのもいいかもよ~~
【】
お疲れ様でした。
よく頑張りましたね。悔しいですね。
でもほんと頑張ったと思います。
野鳥の森から精進湖に行く道で会った時、かなりへばっていて大丈夫かなって思いました。
それなのに95kまで行ったのですね。すごいです。
今年のメダル素敵でしたね。ほしかったな~
次は3度目の・・・ですね。3度目完走したら毎年でしょ?
Paraさん、強くなってくださいね。
【】
完走は残念でしたが、
93km走破お疲れ様でした。

フルも走ったことない私からみたらウルトラは雲の上、
参加するだけで十分強いですが・・・
がんばって更なる上を目指してください!
【】
ぼくもリタイアした経験がありますから、その悔しさが分かります。
思い通りにならない悔しさも分かります。
大丈夫! サブ4も富士五湖完走も出来ますよ!!
早くキズを癒して練習に取り組みましょうp(・∩・)q
希望を捨てず、また頑張りましょう~。
【】
Paraさん強いよ!

体調良くないのに
よく93㌔まで頑張ったですね!

本当に立派ですよ!

せっかく野鳥の森で会えたのに
抜け殻状態の私には
Paraさんにパワーをあげることが
できませんでした。

早々にtenちゃんと応援する方に回ったけど
Paraさん見つけられませんでした。

とても残念でした。

来年こそはきっとリベンジしましょう!



【】
かおるさん
メール、ありがとうでした。ランナーズUpdateはあんまり役に立ちませんね(苦笑
ラストチャンス? どちらか一本に絞れや!と言われてしまいました。。。
出も又やるぞっ!(^^ゞ

星峰さん
いや~~またまたウルトラのゴールに弾き飛ばされてしまいました。近いようで遠いゴールでした。
本当に星峰さんの強さを感じます。ワタシも強いランナー、強い人になりたいです。

tenkoさん
お疲れ様でした!2回目にtenkoさんにお会いできた時は言葉すらで無い位の状態でした。でも本当に嬉しかったです。
ありがとうございました。
最高のエイドでしたよ。 頑張ります!

リバサイさん
ゴールしなくちゃ意味が無いって訳で無いなのでしょうけど、やはりゴールにはそれなりの重みがあるんだとつくづく感じました。
ワタシはゴールできなかった、というこの事実。次は無いものと思い、又頑張ります!
【】
としさん
ありがとうございます。
希望を捨てずに次に向かう!そうですね。諦めたらそこで終わってしまうのです。
頑張るぞ!両方ゲットするぞ!

旦那さま
お疲れ様でした~~~。うどんエイドでかなり辛そうでしたから、大丈夫かな?って思っていました。第一関門のところでマネージャーが「ライオン発見」と写真を撮っております。後ほど送りますね。
今年のメダル、欲しかったですね。。。来年もう1度チャレンジします! 今から又スタートですね!
【】
読むも涙・・想像して涙・・・
故障してんのに、どんなに辛くて悔しかったかと思うと・・・涙が・・・
え?わたくしが泣くことはない?・・・うん、ま、そうですが・・・
paraさん、ほんと、よくがんばりましたよ!!

こりゃ是非・・反省会をしなくっちゃぁ~~~!?
100kmって、どんなもんか教えてください。
あ。わたくしは そっちの魔界には行きませんが・・・
【】
お疲れ!アタシには100キロ走ろうという貴方の気持ちだけで「スゴイ!!」と思うわ。
チラリと見えるおばさんの半身がなつかし~。
【】
ごっつい頑張ったね~。
93kmもよう走ったわ、ほんまParaさんは偉い!
今回で一段と強くなった事は間違いない!
【】
シッター先に行く電車の中で見てウルウルでした。
帰宅して画像と共に再度見て・・・う~ん!確実にまた何か?掴んだParaさん、また新たな一歩!前進ですね。
>ちょうどその時マネージャーが逆走してきてくれた。
傷口に塩を塗りこむ発言?ラストの言葉といい、もうもう愛あればこそ!
羨ましいなぁ~幸せ者!i-233
三度目の正直!来年が楽しみですね。
お疲れさまでした。
【】
こんばんは。
そうか。81kmの関門ではそんなやり取りがあったんですね。
実は、おいらはそれをたまたまバスの中から眺めていたのです。

そういえば、おいらも70kmの関門でマネージャーさんに「走れ!頑張れ!」って叱咤されながら激写されました(笑)
きっとショボイ表情してたんだろうなぁ・・^^;

再挑戦。やりましょう。
ホントお疲れ様でした。
マネージャーさんも想像以上に素敵な方でした♪
【】
イイ経験積めましたね。ウルトラの適齢期なんかこれからこれから。少し反省したらゆるゆる行きましょう。とにかくゆっくり走ればいいんだから、、、paraさんの得意技じゃないですか!
【】
Paraさんて華奢に見えて実はアスリートだったんですね(笑)
月間走行距離も少なく足の故障も完治していないみたいなので、
まさか93kmもの距離を到達できるとは正直思っていませんでした。

初めてのウルトラだったら早々にリタイアしていたでしょうが、
昨年73kmも走った経験があるという事が強さの秘訣なのですね。

仕事&家事の合間を見つけて距離を踏むのは大変だと思います。
これからも無理に走って故障することもあるかもしれません。
それでも93kmも走った経験は次回に活かされると思います。

富士の裾野で両手を広げてFinishテープを切るParaさんの姿が
目に浮かびました。夢に向って頑張ってください!
【】
お疲れ様でした。
文章にするとさらっとですけど、実際走ると長いですよね。90kmとか。

>フルでサブフォーを狙う練習と ウルトラの練習を一緒にするのは無理

そうなの?
そんなこと無いですよ。
足さえ無事で調整さえキッチリ出来れば両方達成できますよ。

大丈夫、大丈夫♪

【】
万全の状態なら完走できたのでしょうがちょっとだけ無理だった? 大変なことに挑戦しているので仕方ないところでしょう。来年に向けての練習再開はいつからですか?
【】
honeyさん
山中湖をまわった頃に既に こりゃーまた辛いレースになるだろうな~って思いはドンピシャ! いや長かったっす。
でも終わってみると ワタシ、もっとがんばれたんじゃね?って思いが。。。
途中お腹グルグルしちゃって2回もトイレにこもったし、エイド毎になんか食ってたし。。。
その時間があれば95kmまでいけたかも?なんて反省。
反省会しましょ♪しましょ~~~~♪ 色んな反省まとめて全部!(笑

みいみい
大きいエイド毎に父母出現(笑)、他のランナーにも覚えてもらったみたいで「何度もありがとう~~」って言われて、ご満悦だったみたい。
前日のテーピングブースで、ちゃっかり母、自分の足首テーピングしてもらってたし(^^ゞ
100km、これで三島まで走って帰れるかも?

murapさん
丸1日走る事だけにつかえるって贅沢ですよね。
諦めないココロだけじゃやっぱりウルトラは走りきれないのだわ。と痛感。下地があってこそ!ですよね。
murapさんもご一緒にいかが~~~富士山、綺麗でっせ!

NEKOさん
つるつる温泉でNEKOさんに 「石に齧りついてでも絶対ゴール!」なんて言ってたのに、齧りつけきりませんでした(T_T)
つるつる温泉最後の坂を余裕で走って登るくらいの力をつけないとだめですね!
マネージャー、最後の坂を走って下りてきたもんだから 前腿が筋肉痛だ~~~って騒いでます。
ありがとうございます。 NEKOさんも、がんばってください!

ミツヴさん
マネージャー、中々いいショットを撮ってましたよ~。
81kmの時点で 14kmを1時間半、ってどう考えても無理ですよね。 ワタシ、後半はもう湖見るのウンザリしちゃった(苦笑
自転車乗っている人に その自転車、ちょっと貸して~~~って心の中で叫んでました。

挑戦しましょう!その前にLSDもタップリやりましょう~~~!

どらさん
ゆるゆるラン、そうワタシのお得意とするところ!なのです。
粘り強いよね、というランナーになりたい! 笑顔でゴール出来る!というランナーになりたい!!
どらさんも一緒にゆるゆる参りましょう~~~~。

kageさん
コメントありがとうございます。 kageさんは 有酸素運動のkageさん、ですか?
華奢。。。( ̄w ̄) あぁ、なんて素敵な響きでしょう。一生に一度くらい言われて見たい言葉です。
ワタシを知っている人全員が全員 「違うだろっ!」ってセリフが頭に浮かんだことは間違いないでしょう。ワタシ、凄いがっちりです。マネージャーが 良くその身体で走るよ、っていうくらい、凄い逞しい身体です(笑

身体って一度経験したことは覚えてるって言います。だからあと+7km、経験させてやらねば!です。

Bacchusさん
ワタシも何かの本で サブスリークラスだとウルトラとフルの練習内容を帰る必要があるけどそれ以上なら同じ練習でOKって読んだんですよねー。
でも、どっちも達成していないワタシとしては何も言い返せなくて、「へーへー 仰る通りでごぜーます」という態度だけ見せてました。

kanrekiさん
5月のGWに高尾山に行こうかと思っています。走りは案外早く復帰できそうな感じ?でしょうか~~。 今後もつるつるランみたいな企画モノに参加させてくださいませ。





【】
お疲れ様でした。
故障中なのによ頑張ってく走ったと思います。
やはり練習で急に距離を伸ばすと体が持たないんでしょうね。もう一寸行けるなあと思える位がよいのかもしれませんねえ。
私は、もうレースの予定かありませんのでオフに入っておりますが、次も頑張って下さい。
【】
K4さん
身体には 「この位はがんばってね」 「今月はこの位はいけるでしょ」と徐々に覚えこませ、説き伏せて行かないとダメなんでしょうね。付け焼刃っつーのがもっとも故障のリスクが高まるやってはイケないこと?(苦笑
去年もそうでしたけど、故障はこのウルトラを境に復活してるんですよね。 不思議です~~~~。
【】
次に完走した時に思いっきり感動する準備が整いましたね。
より強くなりましょう♪
100kmは、私には未知。
どんな世界か教えてください!
【】
Georgeさん
もう次には本当に完走しないとですね(笑
どんな力のある人でもやっぱり辛いって言ってます。
でも体験してみれば未知では無く経験になるのですよね~~~。既に1週間、もう遥か以前の事のように思えます。
Goergeさんもどんな世界を見るのかしら?((o(´∀`)o))ワクワクです。
【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
この記事へコメントする















Para

Author:Para
フルに加えてウルトラにも挑戦始めました。
トレイルはヘロヘロ。
スイムはパチャパチャ。
故障はプロ並み?

山も好きです。
リンクフリーです。
コメント残してくれると嬉しいです。

名前:
メール:
件名:
本文: