FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


私の思い出の為に、書き連ねます。


▼続きを読む▼

【】
何を言おう・・・言えません。
関係ないかもしれませんが、一昨日ダンさんの母(95歳)の見舞いに行きしみじみ感じました。
老いる哀しさ、まだらボケだからこそ本人も周りも辛い!
ボケた実母を看取った時はまだ分からなかった。
いずれワタシも・・・60才越えても元気!健康に感謝!そして同志の皆さまがいるからこそ!
若返りの要!今後ともよろしくお願いします。
【】
数年前往き早まった走友の事を思い出してしまいました。
彼は何時も練習は苦しみ、本番は楽しむものなんだよって教えてくれたものです・・

そんな楽しい事を教えてくれた彼が自らの命を絶ってしまった時は悔しくて悔しくて・・
これも運命と片付けてしまうにはあまりにもむごい、でもやはり運命なんですよね・・

人はうまれながらにしてきめられた運命を歩んでいるものだと聞きました。
NEKOさん同様今は元気に頑張って居られるのはその運命なのかもしれません。

今私達は生きています。運命で決められているのなら今を精一杯生きて行きましょう~
運命に逆らわないで・・・

paraさんの亡き走友に合掌
【】
享年 55歳 早すぎますね・・ 
そして人ごととは思えません。 
運命、寿命があらかじめ定まっているとは思いませんが、人生にはいつか終わりが来ることだけは事実です。
いつか訪れるその日、悔いることのないよう生きていければな と思います。
 ご冥福をお祈りいたします。
【】
先日、友人の御主人が亡くなりました。春まで元気で姫路城を青春18きっぷを使って行き温泉に寄って帰りたいと何気なく言った一言でも親切に答えてくれる人でした。なんだかショックでした。入院している事も知らないでいたので、逢いたかったと思いましたが・・・友人もわたしがお見舞いに来るのがわかったのか、きっと遠慮したのかななんて思って思っています
以前秩父の巡礼した時、人は自分で生まれてくるとき寿命を選んでくるのだと聞いた事ありました。
あの世は天国 この世は修行の地だそうです
長く生きた人はたくさん修行したいといって太いローソクに火をともしてこの世の中に生まれてくるそうです
自分で決めてきた事なのだから、誰も責めてはいけないとお話してくれました
そして今まわりの仲間は前世からの知り合いで夫婦はまた違った形で夫婦になるのですって
だから別れてもまた会えるんですよ。亡くなってしまった人はきっと自分が一番悔しい思いしているのでしょうから、良くがんばったと褒めてあげるようにしています
いつも自分のしたことに後悔しないようにしたいですね
【】
昨夜の冷たい雨は悔し涙?
そして今日はテンプレートの如く澄み渡る青空!
どらさんのご葬儀ですよね。
ご冥福を心からお祈りいたします。

どらさんもParaさんに出会えて良かったですね。
だってこんなに染み入ること、お会いした事もないのに伝えられるんですもの・・・
【】
ご冥福をお祈りします。
55歳は早過ぎますが運命なのでしょうか。ひと頃、私の友人たちが57歳前後で亡くなったことがありました。
ますます「生き急ぐ」ことにします。
【】
NEKOさん
ありがとうございます。
現世にいるワタシ達は、ワタシ達の人生を生きていかなくちゃですよね。
誰のためでもなくって、自分の為に生きる。 そして一緒にいつまでも若返り続けましょう!
本当に今日は青空で、飛行機雲が綺麗に線を引いています。
私の方こそ、私と出会ってくれてありがとうと言う気持ちです。

星峰さん
星峰さんの走友さんの 練習で苦しみ、本番で楽しむと言う言葉、覚えています。
私達は生きている、というより生かされているのでしょうか?
ありがたいと感謝の気持ちを忘れないようにしたいです。
ありがとうございます。

ちょこっとさん
ちょこっとさんも大きな病気を経験されてますものね。
誰でも生まれて、死ぬ。これだけはどんな人でも変わりの無い事。
毎日がんばろう!精一杯!とやっていたら疲れてしまいますが、折に触れて自分の現状を幸せだなと思いたいと思います。
ありがとうございます。

とみさん
2年ほど前にもやはりマネージャーの先輩、山中湖ロードレースを教えてくれた方を亡くしました。彼もとてもパワフルな方でした。
どうして、なぜ、とその時も思いました。
全て自分で選んでいる人生なのでしょうか? 縁、というのもとても不思議なものだと感じます。
反省しても後悔はしないように、修行を積みたいですね。ありがとうございます。

kanrekiさん
ありがとうございます。
男性の50代は鬼門のような気が致します。かつては人生50年と言われていた時代の名残でしょうか?
生き急がないで下さい。
現世で辛い修行を歩む事を選んだのだと、いつまでもいつまでもゆっくりと人生を歩んでください。
ワタシ達は120歳まで生きるのですから!
【】
55歳はまだ、まだこれからなのに・・残念です。
paraさんのリンクからブログをちょっと、のぞかせていただきました。なんだか、切ない。。お会いしたこともないですが・・。
「日々感謝」・・を忘れてしまいがちだけど、ありがとうの言葉を忘れないように、120歳まで、がんばりましょう。
paraさんの走友のご冥福をお祈りします。
【】
同世代や年下の人が逝っちゃうと、とても切ない気持ちになります。
普通に生活出来る事。ましてや走る事が出来るなんて幸せなんだなあと思います。
自分も「はやいよなあ」世代を突破して「もう充分だよなあ」世代まで、いきたいと思います。
【】
私たちの「生」には「意味」があるんだと思う。
私の父はいくつかの癌を患っているけれど、生きている。父自身は気づいていないようだけど、きっとそれには「生かされている意味」があるんだと思う。そして人生はたくさんの奇跡。私の一番の奇跡はやはり子供を授かったこと。今でもホントに夢じゃないかとほっぺたつねりたくなるんだよ。人との出会いも奇跡。亡きご友人も貴方に大きな「想い」を遺した。そしてそれはずっと貴方の中に残るよね?なんかまとまりつかないけど、歳とったのか、何かにつけ感慨深い今日この頃。ご友人のご冥福をお祈りします。
【】
honeyさん
ありがとうございます。55歳、余りに若すぎますよね。
昨日は彼にありがとうとご苦労様を言ってきました。
そこで仲間と彼が走り残した分まで、ワタシ達は120歳まで走ろうね、と話していました(^_^)

K4さん
今まで親類関係や仕事でのご家族関係などが多かった弔事ですが、近しい友人は初めてかもしれません。本当に悲しかったです。
もう充分だよなぁって思えるのはどの位でしょうかね? でもそれって他人には言われたくないですよね(笑
自分的にはやはり120歳で!共に参りましょ。

みいみい
沢山の奇跡と偶然の繋がりで人生って過ぎていくんだろうね。 子どもを得なかった私には気がつかないだけで又違った軌跡が訪れていたのかな?
これからも気がつかないような奇跡ってあるんだろうね。そんなのにちょっとでも気がつくように大切に生きたいよね。ありがとう。。。

【】
私も半世紀を過ぎると死について考えること・・・ガンを患っている父に考えさせられることが多くなってきました。今を一生懸命大切に生きていきたい生かせてやりたいですね。
【】
tenkoさん
いつかは来る事、ですものね。色々と考えてしまうこと、私も有ります。
自分の人生、大切に生きましょう!
tenkoさん、旦那さまとこうして知り合えたことも小さな奇跡の一つです。そうして人生って続いていくのですよね。
この記事へコメントする















Para

Author:Para
フルに加えてウルトラにも挑戦始めました。
トレイルはヘロヘロ。
スイムはパチャパチャ。
故障はプロ並み?

山も好きです。
リンクフリーです。
コメント残してくれると嬉しいです。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。