FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


岩手勝手に観光大使として、岩手の名所をちょっと紹介。

まず岩手三陸の観光名所として有名な浄土ヶ浜。
ここは三島の両親を始めて岩手につれて行った時にも寄ったのだけど、「広告に偽り無しだねぇ~」と感動していた場所だ。
浄土ヶ浜 写真 これは公式ページの写真。
素人じゃこんなには綺麗に撮れない。。。けど、実際本当にこんな風に凄く綺麗なのだよ。

ワタシ達が訪れた時は震災から3週間後。その時の宮古の写真。
印象的だったのは宮古の駅付近は何事も無かったかのように何も津波の被害は受けていなくて、そこから海に向かって歩いて行くと、ここまでは大丈夫だった、ここまでは水に漬かった、ここからは津波の被害、そして何もかも持っていかれてしまったところと、どんどん風景が変わってくる事だった。
今更ながらなんだけど、その時の写真も載せとく。

2011 4月 miyako 2 2011 4月 miyako 1
瓦礫の中にあった 「風の谷のナウシカ」の本がなんだかとても印象的だったので思わず撮ってしまった。こんな本、中々今は手に入らないのじゃないかと思う。きっと大事にしていたんだろうと思うと胸が痛んだ。

そして浄土ヶ浜。酷い状態なのかと覚悟して行ったが、浄土ヶ浜は浄土ヶ浜だった。
2011 4月 miyako 5 2011 4月 miyako 4 2011 4月 miyako 6
この自然が作った風光明媚な岩たちは何十年、何百年、いや何千年もこの形を保っているのだろう。今回の地震にも、想像を絶する津波にも変わらず立ち続ける。人間の記憶が及ばない頃からこの形なのかな?
人の作ったものは自然の災害に弱いけれど、自然が作った物は強いんだなぁと感じた。

でもきっとこの浄土と呼ばれている浜にも色んな物が打ち上がったんだと思う。
ワタシが見たのは3週間経ってからだから。
この日(4/1)も観光協会の人が1つずつ、浜に上がったものを拾い、片付けていた。もとの真っ白い浜の姿に戻すため。
一番右の写真の左上に自衛隊のヘリコプターが映っている。空からの捜索が始まった日だったと思う。
浄土ヶ浜と自衛隊のヘリ、なんて対照的な風景なんだろうと思った。

きっと今は観光協会、ボラの人達のがんばりできっと美しい浄土ヶ浜に戻っているのではと思う。
岩手の夏は短い。泳げるのは1週間か長くても10日程だとマネが言ってた。
本当にここは美しいところ。
是非岩手に行って見て欲しいところだ。


夕方、夕飯の仕度を終えてから走りに出た。
嬉しい事に又ジョグノの友達を途中で捕獲! 少しお話をして元気とやる気をもらう!
折り返してからはもう脚も呼吸もヘロヘロで、タイムは落ちる一方だけど。 今はタイムよりもとにかく走る、という行為をする事が大事よね。

あ~でもやっぱり走った後はキモチイ~~~♪

本日走行距離 10km (やったね!)
月間走行距離 30km




【】
ラン復活やったね。人間追い込まれている時の方が練習ができるそうです。がんばってね。
【】
kanrekiさん
走れば気持ちいい、走った後は爽快!ってわかっちゃいるんですけど、帰宅途中のチャリで自宅が近づくとどんどん走る気が抜けていっちゃうんです。なんででしょ?
でもそ~ろそろ本気出して次のことも、身体のことも考えなくちゃです!
復活!宣言は今月一杯様子見で(^^ゞ
この記事へコメントする















Para

Author:Para
フルに加えてウルトラにも挑戦始めました。
トレイルはヘロヘロ。
スイムはパチャパチャ。
故障はプロ並み?

山も好きです。
リンクフリーです。
コメント残してくれると嬉しいです。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。