FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

お台場チャリティマラソン
こちらは使用前写真 2009 3月 お台場チャリティラン 008 2009 3月 お台場チャリティラン 010
憧れのそらきち君とご対面~♪ もう連れて帰りたい!位の好青年におねーさん(オバサン)やられちゃいました 今年も星峰さんにエリア確保していただき、色々話しながらゼッケンつけて準備。
時間走特有のスタートの雰囲気。誰もガツガツしてなくて、和やかに時間を待つ。

去年周回で何周目かを覚えてるのが大変だったので用意したワタシの奥の手。(ガーミン205は同じとこグルグルするのに意味無いし、そもそも最高で10時間しかもたないので)
P1000602.jpg ゼッケンクリップ、10個セットになっているのでこれを左のポケットに入れておく。で、一周したら右のポケットへ移動。 これ、だんだん左のクリップが減っていくのが嬉しかった。反面 「ありゃ、まだ右に2個しか無い。。。」って凹む時もあったけど。

夜9:00 いってらっしゃーい って感じでスタート。
最初の一周はそらきち君と話しながら。。。で、その後はお互いのペースで。「抜かす時に毎回声掛けてってね~~」と別れる。

今年は走り続けること、80km行けたらいいな。 と思っていけど 直前に出た右股関節の痛みでどちらも危うい状態。とにかくゆっくり、ゆっくり行きましょう。。。
一周1・5km、キロ7分と考えると10分30秒。5周毎にストレッチをしよう。

3周目当たりで早々に股関節の痛みが出てきた。 かなり痛い。
5周、6周、痛みでスピードを上げる事も維持することも辛い。 今は1周11分位か? こんな前半でこの状態じゃどうなるんだ? と不安が一杯。 11分ペースにストレッチタイムと給水等含んで1時間で5周ってとこか。10時間で50周。でもこれを維持できるとは思えないな。。。

思い切って「ゆっくりの方が痛いのか?」と思いペースを上げてみる。。。が、痛い。
去年は40kmから後半ずっと「どうしたら痛くないのか」ばかり考えていたのに、序盤からこれじゃぁ・・・と後ろ向きな考えばかりが頭の中をグルグル。
だんだん時間を気にして、距離を気にして、 痛みを気にして ペースを気にして 計算するのに疲れてきた。
イカン、この考え方を切り替えなくちゃ。 どうしたら痛みが軽減するのかを身体で検証するんだ。歪みがあるから痛みがで出てるんだから、どっかおかしい訳よね。
この足の出し方は? つま先の出方は?腰の感じは?背中は? どれが股関節に負担が掛からないのか?

おっ! これ、この感じ、いいんじゃない? なんか痛みが減ったような気がする。テンポもいい感じ。ペースも上がる? これならいけるんじゃない? と希望の光。
でも、給水なんかで一旦止まってから走り始めると又痛い。 違う、この走りじゃない。どうだったっけ?どこだ?ここか?と探しながら走る。 痛みが減る場所を見つけて、又止まると同じ事の繰り返し。
走っている間中こんなにフォームを気にして コロコロ変えたのは初めてだ。

そうこうしているうちに股関節が痛いんだか、筋肉が痛いんだか、コロコロ変えたフォームがいいんだか悪いんだか、全部が痛くなってきたのでよくわかんなくなってきた。

そらきち君が時々抜かす時におしゃべりしてくれる。 そして ビュ~~ンと走っていく後姿を見ながら元気をもらう。
あれが若さなのかね~。 いや、あの頃ワタシ あんなに元気だったっけ?就職して2年位?毎晩12時過ぎまで仕事して出張行って、遊んで・・・。週休2日も無かったな。そう思うとやっぱり元気だったのか?と若かりし頃に思いを馳せる。
富士五湖、この状態じゃドナドナは必須だな。この股関節通をねじ込まなくちゃな~~~。
今日の報告、ブログになに書こうかなぁ。
マネージャ、ちゃんと朝起きてこられるかな?

なんて・・・。時間走はとにかくいろんなことを考えたり、思いをめぐらせたりすることが出来る。
夜中になって埠頭の明かりと星の無い夜空を見ながら 身体、痛いなぁって感じながらも全然関係ないことを思いながらも足を進めてた。
エイドの暖かいおにぎりが嬉しい。パスタがとてもエイドの給食と思えない位美味しい。 座り込んでチュルチュルと食べていたらそらきち君が前を走っていった。

40周でシューズを変えようと休憩室へ。 そこで15分位座り込んでストレッチ。 眠気は大丈夫だ。ヨロヨロと又コースへ戻る。
5時半過ぎ、なんとなく空の色が変わってきたのがわかる。夜が終わるんだ。あと何時間だ?3時間ちょっと?
7時過ぎに途端に眠気が襲ってきた。走りながら眠い~~~と思う。 こりゃイカン、居眠り運転だ。休憩室へ行き、仮眠を取ることにした。20分だけ眠る。
7時45分。あと4周で50周。もうこれでいいや、と心と身体で折り合いをつける。 そうすると途端に歩みが遅くなる。ちょっとの上りで歩いちゃう。歩いた方がその後辛いのに。。。マラソンって心で走るのね、と改めて思う。 8時過ぎ、そんなときにマネージャーの姿を坂の上で見つける。 ありゃ~いいところに現れてくれるじゃないの。グッドタイミングよん!
2009 3月 お台場チャリティラン 011 2009 3月 お台場チャリティラン 012
スタート地点に戻るとどらさんの姿も発見!一緒に2周併走してくれた。心底嬉しい。するとどうでしょ? なんにも走れて無かったのに どらさんが「ちゃんと走ってるじゃない」と言ってくれる位に走れてるのだ。

52 53周走ったところでタイムアウト。フィニッシュ~~~~♪
いやいや、今年もボロボロだね。 それでも去年が66kmだから+12 13.5kmか。 一年たった割には進歩が少ないな・・・。
そんな中で120km走ってる女性がいたよ。数えきれない位彼女の背中を見た。ウルトラだ~~~と見る度にどこにそんな強さがあるのかと呆れた位。

今朝起きてみて改めて実感。 筋肉痛は凄いけどこれなら大した事無い。走る筋肉はある(と、思う)。右膝は持った。左膝にちょっとガタ来た。ここまでは走れる痛さ。気持ちは持ちよう。
でも右股関節部分はヤバい。右を下にする事も出来ない。これを何とかしないと絶対に富士五湖完走は無理だ。
右股関節はどえらい事になっているのでこれから整形行ってみてもらって、(この間と違うスポーツを専門で持っている所で)ついでに針灸、整骨も行っちゃおうかしら。
何が何でも何とかしなくちゃならない状態だと再確認したワタシの今年の12時間走でした。

あ~又長いね(~_~;)

3月8日~9日 走行距離 78km 79.5km
月間走行距離 102km

もう一つの青梅
それはもちろんワタシの愛すべきマネージャー。今回余り調子がよくなかったのだけど 初の 「ドナドナバス」 に拾われてしまいましたぁ
250px-Donkey_1_arp_750px.jpgbxp58617.jpg ロバじゃなくって子牛でした。。。

ドナドナド~ナ~ド~ナ~♪ マネジャーをの~せ~てぇ♪
ドナドナド~ナ~ド~ナ~♪ 収容バスはい~く~よぉ~♪

一昨年、マネージャーも初の30kmで もちろん年間走行距離300km位しか無い人が青梅30kmなんて「なめんとのか ボケッ」って言われるような状態だったんだけど、それでも 歩きを入れながらも何とか完走。
今年は歩かず完走が目標だったんだけど。。。
関門ってことをすっかり失念していたマネージャー。 ちなみに青梅の関門は 15kmが号砲から2時間5分。 20.6km地点が2時間38分、25kmが3時間5分、でラスト30kmまでが3時間40分。
Up-downのあるマンモス大会30km、決してそんなに緩いものではない。マネージャーのエリアからスタートラインまでは1km以上、ロスタイムはなんと11分掛かったそうだ。

しかも後半の方に行けば行くほど 暑さの影響から 給水所でコップが無い、水が無くなったという状況が起きていたようだ。
それでも10kmでは1時間10分位だったので、キロ6分位では走れてた。15kmも問題なく通過。 後半街に戻ったらトイレ無いかもと、早々にトイレも入り、地元エイドでは子どもの渡してくれた飴を取り損ね、かわいそうに思ってわざわざ引き返しその子から飴を受け取り、給水の度に毎回ストレッチ、なんて ま~ご機嫌で走っていた。
辛いながらも21kmの坂も越え、 よしよし 予定通り。これで3時間30分は切れそうだと更にの余裕?

ところが25kmを目前に 「バスが来るぞ~」との情報が耳に入った。 えぇ~~~バス?関門??と思ったマネージャーはビックリしてどの区間よりもすっ飛ばしたそうだ・・・。本人曰く キロ5分、いや4分を切って。。。 (いや、ま そりゃ無いでしょ・・・。気持ちね、気持ち)

しかしっ! あとちょっと、とのところで な、なんと~~~~無常にも関門テープが目前の10m先で張られ、あえなくストップ。手際よくゼッケンのチップを剥ぎ取られ~~~、まさに収容バスに誘導されるマネージャーとその他大勢・・・。

マネージャーによると 停められた時には 「スタートから凄い時間が掛かったのよ」 と詰め寄る人もいたらしいけど、バスの中では誰一人として言葉を発するものは居なかった、と。
同じバスの中でも「まだまだ走れる」って人 「収容されてホッとしている人」 「ただただボーゼンとしている人」 と色々だったそうだ。

その後銭湯行って、打ち上げ。
ワタシと友人には 「余裕ぶっこきすぎだ」 と責められ、25km走ったのに達成感が無い。。。 ちょっと かわいそう。
まさかのDFN、おにぎりももらえなく、裏道を通って知らないところに降ろされたあの寂しさは無いぞ、と言ってました。 いい経験?したね~~~。 お疲れ様です。
でもこれで奮起してやる気を出す! ・・・ってことの無いのがマネージャーなんだけどね。100人居たら100人のレースだよね。

という、「マネージャー ドナドナバス」に乗る 裏青梅 でございました。

はい!今年も行って来ました 伝統の青梅マラソン 30km。
111.png img_map_low.gif img_map_courceguide.gif

と、いってもこれが2回目の青梅なんだけどね~。 一回目 は一昨年、ワタシにとっての未知の距離30kmに挑んで、感動のあまり?涙ちょちょ切れとなった思いで深いレース。

今年は去年の青梅が雪で中止になったのが信じられない位の暑さ。まさか青梅で暑さ対策するとは思わなかった。。。半袖でも良かった感じ。
しかも信じられない位の混雑。 河辺の駅で凡そ20分位ホームから動けず改札に向かえなかったよ。エントリー人数、増えた?

11:35分過ぎ、マネージャーと友人と別れてスタートラインに向かう。 NEKOさんかおるさんちょこっとさん などとても見つけられない。
11:50 スタート。ワタシは真ん中よりもやや前目のYゾーンだったので、スタートロスは4分位? 走り出して直ぐ汗が噴出す。グローブを取る。クランチのところではお決まりで大渋滞が起こり、足踏み状態。 ま、こんなもんだよね。これが青梅だ。

それにしても暑い。 こりゃ給水を逃さないようにしないと 汗っかきのワタシは脱水になっちゃう。。。
暑さのためか、人混みのせいなのか調子が上がらない。 なんとなくペースが掴めず、なんか上手く走れてないって感じがずっと続いてた。
Up-downが交互に来るし、復路のよろい橋からの坂が難所って言われてるけど、全体的には往路がUpなんだよね。 ラップは5:30~40位をウロウロ。もう少し上げたかったけど上がらない。下りになっても飛ばせない感じが続いてたけど、このペースをとにかく維持して行こうと思う。結果的にこれが良かった?

地元のエイドが沢山! ボランティア給水にも凄く助けられた。 今年もレモンとチョコを頂く。チョコは直ぐ食べないで、21kmの坂を登りきってからご褒美に食べるんだ!と取っておく。このチョコに一昨年も凄く力をもらったっけ。。。

きた、きた!この音! 青梅の太鼓の音だ!! これよ、これよ~~~~とモチベUp! この前はヨロヨロになって走ってたけど、今回は応援の声に応えられる。ありがと~~~と言いながら手を振る。 こんな事が出来るようになったんだと、目頭が熱くなり、自分で嬉しくなる。

今年のお迎えの曲は ブルーハーツの「トレイントレイン」だった。
トレイントレイン走って行け トレイントレインどこまでも ♪
 トレイントレイン走って行け トレイントレインいつまでも ♪

タイムチェック。 イケる!イケるぞ!!落とすな、落とすな。後は上りは無い筈。このままイケれば2時間50分切り出来る!しかし今年はラストの直線が前よりもずっと長く感じた。 どこ?曲がり角はどこ??ゴールはどこ?と思いながら、とにかく走る。
曲がり角だ!ここを曲がればゴールだ! もう既に顔がにやけ始める。満面の笑み でゴール!
タイム 手元時計で2時間47分40秒。
40分台が目標だったので素直に嬉しい~~~!

5km 00:27:49
10km 00:55:18 (27:29)
15km 01:24:22 (29:04)
20km 01:52:59 (28:37)
25km 02:20:15 (27:16)
30km 02:47:40 (27:25)

ネット 02:47:40
グロス 02:51:32 (スタートロス 3:52)

こうやって見てみると、後半落とさず来てるし 結果上手く走れたのかな?
やっぱり青梅、ハードだけど魅力あるレース!

で、実は今回 「もう一つの青梅」がある。。。
それは長くなるので又次ね・・・。

青梅マラソン 30km
月間走行距離 140.7km

第28回 フロストバイト参戦!
2009年一発目のレースは横田基地で行われる距離未公認ハーフレース。
今年はいかに!? いやいや 今年も去年と同じくヒジョーに怪しい距離設定に笑っちゃったよ
今回はつるつる温泉ランでお世話になった kanrekiさん、NEKOさんの走友シートにお邪魔させていただく。天気予報では夜から雨、気温は高め だったのに反して冷たい雨がちょっと降り出し、とにかく寒い。

ギリギリまでコートを着てスタートラインに並ぶのが去年よりも遅かった為か、スタートしてからかなり走りづらかった。でもま、このレースは目を三角にして走るようなレースじゃないから。。。と焦らず流れに身をまかし~♪で進む。2km位からやっとスペースができて走りやすくなってきた。

でも・・・距離表示が何にも見付からない。 あれ? 怪しいけど確か1km毎の表示はあったはずなんだけどな~と思いながら自分のGPSを確認。 ラップを5km毎に取るつもりだったから自動ラップにしてない。平均ペースしか出ないようになっちゃってる。
やっと見つけたキロ表示は6km看板。 平均ペースは5′12″を指してる。
やっぱり今年も距離表示が短めに出てぞ。。。とニヤリ のワタシ。 6km看板の時にワタシのGPSじゃ5.6km位しかなかったんだよねー。ま、こんなもんでしょ。

すれ違うところで今年も早々にトップ選手が来た。 「ファイト! がんばれ!」と声を掛ける。このトップ選手に声を掛けることで自分も元気になれるんだよね、ワタシの場合は。
すれ違いながらマネージャー探すも見付からず。 余裕でおしゃべりランをしていたというkanrekiさんも見付からず、ジョグノートの友人も誰も見つけられず、ちょっと寂しい・・・。

10km過ぎても15km過ぎても平均ラップが5’11から変わらず。 おぉ~落ち込んでないじゃん。 イーブンでこれてるって事じゃん。17km位の距離表示のときかな? GPSは相変らず-500m位を表示してる。
っつーことは今年もラスト1kmは 1.5km以上はあるな、と覚悟。
それでも人間は弱いもの。。。 20kmの距離表示を見たときには頭じゃ 「後2kmと思え、少なく見ても1.8kmはあるんだぞ」って思うんだけど 「今年はもしかしたら距離合ってるかも、ホントにラスト1kmかもしれないかも・・・かもかも・・・鴨 」 って思っちゃうんだよね~~~。

で、やっぱりラスト1kmは今年もちゃんと? 1.5kmは軽くあったね
でもタイムを見るとず~~~とイーブンでこれてる。 ラストの直線で1時間45分だった。 およっ!もしかして初の1時間50分切り出来るかも、かもかも~~~~~っ !!!とラストスパートかける。Finisheゲートが見えた。48分!!ひゃ~~~~スパート、スパート、スパーーーーートォ!!!と駆け抜ける。

1時間49分33秒
やりっ! 初のハーフ1時間50分切り 達成~~~~ したわよぉ!!

GPSの距離表示は21.3kmだったから、なんだかんだと距離怪しいって言われてるけど、トータルな距離はちゃんとハーフはあるみたいよん。(でなきゃ悲しい。。。)

その後マネージャーのゴールに間に合い写真も撮れた。20km過ぎから泣きそうになったと・・・。16km地点までkanrekiさんの後姿を確認してたけど、飛行機のある滑走路当りから見失ったと言ってた。

さて、ここまでで充分濃い一日だったのだけど、今日の本番は?これからだった・・・。
銭湯、焼肉、そしてカラオケ~~~
kanrekiさんの甘い(ちょっとエロい?) 英語の歌に酔いしれ、NEKOさんの「ろくでなし」はピッタリだし。
我らへなちょこ夫婦と共に40代の方たちと1980年シリーズを歌い上げ~。沖縄のBEGINから北の吉 幾三。。。もちろんワタシは十八番の歌を披露し、マネージャーまですっかり調子にのって これぞ東北人のカラオケ!を披露。あぁ、夢中になってて写真を撮らなかったのが残念・・・。
ハーフレースよりタフなカラオケ大宴会でございました。。。

こんだけ盛り上がると次のカラオケ大会?に披露する持ち歌がもう無いなぁなんて変な心配をしているワタシ。イヤ、違うだろ?

レース内容も、その後の大会も満足な一日。そして本日ワタクシ、正月出勤の振り替え休日。
ぶつけた腰の様子がちょっと変な感じに痛い。。。ので整形行って来よう。

1月18日走行距離 21.1km
月間走行距離 120.8km

トレーナーUpするの忘れてた・・・。
P1000517.jpg P1000518.jpg P1000515.jpg P1000516.jpg



Para

Author:Para
フルに加えてウルトラにも挑戦始めました。
トレイルはヘロヘロ。
スイムはパチャパチャ。
故障はプロ並み?

山も好きです。
リンクフリーです。
コメント残してくれると嬉しいです。

名前:
メール:
件名:
本文: